生年月日データベース

クヌート・ハムスンKnut Hamsun

作家[ノルウェー]

1859年 8月4日

1952年 2月19日 死去享年94歳
クヌート・ハムスン - ウィキペディアより引用

クヌート・ハムスン(Knut Hamsun, 1859年8月4日 - 1952年2月19日)は、ノルウェーの小説家。
1920年に作品『土の恵み』でノーベル文学賞を受賞した。
世界的な名声を得ていたがナチスを支持し続けたため戦後、名誉は失墜した。
生涯 クヌート・ハムスンはノルウェーのオップラン県でクヌード・ペーダーシェン(Knud Pedersen)として生まれた。
彼はペダル・ペーダーシェンとトラ・オルスダッテル夫妻の7人兄弟の4番目の息子であった。
彼はノルドランド郡のハマロイで貧困の中成長し9歳で病気の叔父に引き取られ虐待されながら5年間を過ごした。
その後、様々な仕事をしながら17歳で縄職人の徒弟となり、同じ頃に小説の執筆を始めた。
24歳でアメリカに渡り、臨時工をしながら旅して過ごした。
1885年に本国に帰国し新聞社に記事を売り翌年、アメリカのシカゴで線路工夫になった。
1888年にコペンハーゲンに移り住み、1889年にアメリカ経験に基づく印象を『Fra det moderne Amerikas Aandsliv 』として出版している。

■ 関連書籍

連想語句
  • 生涯
  • アメリカ
  • 作品
  • コペンハーゲン
  • シカゴ
  • ナチス
  • ノーベル
  • プラン
  • ペーダーシェン
  • 文学
  • 私生活
  • オルスダッテル
  • クヌート
  • クヌード
  • トラ
  • ノルウェー
  • ノルド
  • ハマ
  • ハムスン
  • パリ
  • ベストセラー
  • ペダル
  • ヨーロッパ
  • ランド
  • ロイ
  • 一躍
  • 仕事
  • 作家
  • 兄弟
  • 出版
  • 印象
  • 叔父
  • 受賞
  • 合衆国
  • 名声
  • 名誉
  • 執筆
  • 売り
  • 夫妻
  • 失墜
  • 小説
  • 工夫
  • 帰国
  • 徒弟
  • 息子
  • 感動
  • 成長
  • 戦後
  • 支持
  • 文壇
  • 新聞社
  • 有名
  • 本国
  • 様々
  • 病気
  • 発表
  • 秘儀
  • 経験
  • 線路
  • 翌年
  • 職人
  • 脚光
  • 臨時工
  • 虐待
  • 貧困
  • 長編小説