誕生日データベース

エリシャー・オーティスElisha Graves Otis

発明家[アメリカ]

1811年 8月3日

エリシャー・オーティス - ウィキペディアより引用

『エリシャ・オーチス』より : エリシャ・グレーブス・オーチス(Elisha Graves Otis、1811年8月3日 - 1861年4月8日)は、アメリカの発明家、企業家。
オーティスとも。
エレベーターの落下防止装置を発明し、オーチス・エレベータ・カンパニーを創業した。
ヴァーモント州ハリファックスの近くで生まれる。
19歳で家を出、ニューヨーク州トロイで5年を過ごした。
1852年、逆転止め歯形による落下防止装置(調速機、ガバナマシン)を発明し、1853年のニューヨーク万国博覧会で発表した。
オーチスが来場客の面前で、吊り上げたエレベーターの綱を切ってみせると、エレベーターは数インチ落下しただけで止まった。
この発明により、エレベーターは初めて実用的なものになった。
同年、オーチス・エレベータ・カンパニーを創業し、エレベーターの販売を始めた。
最初のオーチス製乗客用エレベーターは、1857年ニューヨークで設置された。
オーティスの死後の1867年、2人の息子チャールズとノートンは、彼の遺産でオーチス・ブラザーズ・カンパニー (Otis Brothers & Co.) を創設した。

「エリシャー・オーティス」と関連する人物

連想語句
  • エレベーター
  • オーチス
  • カンパニー
  • エレベータ
  • 発明
  • ニューヨーク
  • ニューヨーク州
  • 落下
  • トロイ
  • ハリファックス
  • ヴァーモント
  • 万国
  • 企業家
  • 創業
  • 博覧会
  • 摩天楼
  • 発明家
  • 装置
  • 調速機
  • 防止
  • オーティス
  • ガバナ
  • チャールズ
  • テクノ
  • ノートン
  • バーモント州
  • ブラザーズ
  • マシン
  • ユナイテッド
  • 世界
  • 乗客
  • 創設
  • 可能
  • 同年
  • 息子
  • 最初
  • 最大
  • 来場客
  • 歯形
  • 死後
  • 発表
  • 設置
  • 販売
  • 近く
  • 逆転
  • 遺産
  • 面前