誕生日データベース

飯田善国いいだよしくに

彫刻家[日本]

1923年 7月10日

飯田善国 - ウィキペディアより引用

飯田 善国(いいだ よしくに、1923年7月10日 - 2006年4月19日)は、日本の彫刻家、現代美術家、詩人。
人物・来歴 栃木県足利市生まれ。
旧制館林中学卒。
慶應義塾大学在学中に徴兵され中国を転戦した。
帰国後慶應に復学した後、かねてからの希望だった画家を志して東京藝術大学に入学、梅原龍三郎らの教えを受け1953年に卒業した。
製作者懇談会と呼ばれる美術論議のグループに所属し、芸術論の交換をしながら、戦争体験でばらばらになった世界観や自己への懐疑を再構築すべく、表現主義的な絵画で彼なりのリアリズムを築き上げようとした。
1956年からのローマ留学の間、彫刻のコースで学び、さらにヴォルスの絵画やヘンリー・ムーアの抽象彫刻に衝撃を受けてそれまで描いてきた「リアル」に対する概念をゆすぶられた彼は、より外に開かれた、実感に近いものを求めて彫刻制作に転じ、ウィーンやベルリンなど主に欧州で活躍し、木彫などで各地の展覧会に出展した。

■ 関連書籍

【いいだよしくに】 彫刻家。栃木県生れ。1948年慶応義塾大学卒業。1952年東京芸術大学卒業。同年初個展。1956年から1967年,ヨーロッパに滞在。活動の初期には絵画も制作した。1969年日本で彫刻による初個展。金属,木,ロープ等による抽象彫刻,モニュメント,版画やコラージュなど平面作品を制作。詩人,美術評論家としても活躍。作品集に《飯田善国ミラーモビール》(1987),著書に《ピカソ》(1983)などがある。1988年三重県立美術館で個展。 (引用元 コトバンク)

「飯田善国」と関連する人物

連想語句
  • 美術
  • ローマ
  • 主義
  • 作品
  • 大学
  • 慶應義塾大学
  • 東京
  • 栃木県
  • 梅原龍三郎
  • 現代
  • 画家
  • 藝術
  • 表現
  • 詩人
  • 詩集
  • 足利市
  • 館林
  • グループ
  • コース
  • リアリズム
  • ヴォ
  • 世界観
  • 中国
  • 中学
  • 交換
  • 体験
  • 入学
  • 卒業
  • 在学
  • 学校
  • 希望
  • 帰国
  • 彫刻
  • 復学
  • 徴兵
  • 慶應
  • 懇談会
  • 懐疑
  • 戦争
  • 所属
  • 旧制
  • 構築
  • 留学
  • 県立
  • 絵画
  • 群馬
  • 自己
  • 芸術
  • 製作者
  • 論議
  • 転戦
  • 高等