誕生日データベース

星野英一ほしのえいいち

法学者[日本]

1926年 7月8日

星野 英一(ほしの えいいち、1926年7月8日 - 2012年9月27日)は、日本の法学者。
専門は民法。
東京大学名誉教授。
日本学士院会員、文化功労者。
大阪府生まれ(ただし、戸籍上は神奈川県小田原市)。
父は、元銀行員で後に弁護士。
母方の祖父以来、カトリック教徒。
東京高師附属小・中学校(現・筑波大附属小、同附属中・高)、旧制一高を経て、東京大学法学部卒業。
附属中学校の同期には、星新一、槌田満文、今村昌平、大野公男、児玉進、黒澤洋(元日本興業銀行会長)などがいる。
1946年から3年間、結核のため、小金井の桜町病院とその姉妹サナトリウムである房総の海上寮で療養する。
我妻栄の弟子。
我妻の『近代法における債権の優越的地位』(有斐閣、1953年)の校正は当時研究生であった星野が行った。
弟子としては一番若手でありながら東大民法学を継ぐ。
加藤一郎と利益考量論を提唱したが、価値判断は、他人の結論を覚えるものではなく、自ら思索してつかむものと学生を戒めた。
大学進学率が高くない昭和50年代において、非進学者および非専攻者向けに契約法までの分野について、専門的な法的思考および法現象の考察方法を『民法概論』シリーズとして内容に盛り込み順次上梓したが、これはオープンカレッジの先駆け的著作でありその後にはみられない優れたものであった。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    ヒッパレシリーズ 1979
    歌手
    発売元
    ファンハウス
    発売日
    1994年12月01日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 2,650 より
連想語句
  • カトリック
  • 企画
  • 体系
  • 判例
  • 名誉教授
  • 大阪府
  • 学士院
  • 学説
  • 日本
  • 東京
  • 東京大学
  • 概説書
  • 民法
  • 編著
  • 著書
  • 論文
  • 追悼
  • 追悼文
  • 門下生
  • 関連
  • 随筆
  • 中学校
  • 会員
  • 功労者
  • 学校
  • 小田原市
  • 師範
  • 弁護士
  • 戸籍
  • 教会
  • 教徒
  • 文化
  • 母方
  • 祖父
  • 神奈川県
  • 銀行
  • 附属
  • 高師
  • 高等