生年月日データベース

佐伯胖さえきゆたか

心理学者[日本]

1939年 6月27日

佐伯 胖(さえき ゆたか、1939年6月27日 - )は、日本の認知心理学者。
田園調布学園大学大学院教授。
東京大学・青山学院大学名誉教授。
来歴・人物 岐阜県生まれ。
1964年慶應義塾大学工学部管理工学科卒業、同大学大学院工学研究科管理工学専攻修士課程修了、ワシントン大学大学院心理学専攻修士課程および博士課程修了、Ph.D.(1970年)。
東京理科大学理工学部助教授、東京大学大学院教育学研究科・教育学部長・教授。
2000年定年退官、名誉教授、青山学院大学文学部教育学科教授を経て、2008年度から同大学社会情報学部教授、ヒューマン・イノベーション研究センター所長。
2010年定年、名誉教授。
認知心理学の知見に基づく「学び」の過程の分析は画期的。
コンピュータと子どもの教育の問題についても「学び」の観点から問題提起している。
近年幼児教育についても研究し始めている。
著書 『「学び」の構造』東洋館出版社 1975 『イメージ化による知識と学習』東洋館出版社 1978 『「きめ方」の論理 社会的決定理論への招待』東京大学出版会 1980 『考えることの教育』国土社 国土新書 1982 『学力と思考』教育学大全集 第一法規出版 1982 『「わかる」ということの意味 学ぶ意欲の発見子どもと教育を考える』岩波書店 1983 『わかり方の根源』小学館創造選書 1984 『コンピュータと教育』岩波新書 1986 『認知科学の方法』東京大学出版会 認知科学選書 1986 『考えることの教育』国土社 現代教育101選 1990 『「学ぶ」ということの意味』岩波書店 子どもと教育 1995 『子どもが熱くなるもう一つの教室 塾と予備校の学びの実態』岩波書店 今ここに生きる子ども 1997 『新・コンピュータと教育』岩波新書 1997 『マルチメディアと教育 知識と情報、学びと教え』太郎次郎社 1999 『幼児教育へ ……

■ 関連書籍

青山学院大学文学部教授 青山学院大学総合研究所 eラーニング人材育成研究センター長 慶応義塾大学工学部管理工学科卒業。ワシントン大学大学院心理学専攻博士課程修了。東京理科大学工学部助教授、東京大学教育学部教授を経て、現職。 状況的学習論の立場から、幼児教育、学校教育、並びにコンピュータ教育などの研究をしている。特に幼児教育の分野で、子どものおかれている状況を関係論的に分析し、保育実践を道具、モノ、人の総合的環境構成として考える立場で追究している。 ☆ 主な著書 「『学び』の構造」(東洋館出版)、「『学ぶ』ということの意味」(岩波書店)、「『学び』を問いつづけて」(小学館)、「幼児教育への誘い」(東京大学出版会)、「『わかる』ということの意味」(岩波書店)、他 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 工学
  • 課程
  • 修士
  • 大学
  • 大学院
  • ワシントン
  • 修了
  • 共編
  • 助教授
  • 博士
  • 学部
  • 専攻
  • 岐阜県
  • 工学部
  • 心理学
  • 慶應義塾大学
  • 東京理科大学
  • 理工
  • 管理
  • 翻訳
  • 著書
  • 論文
  • 青山学院大学
  • 卒業
  • 名誉教授
  • 経営