生年月日データベース

横尾忠則よこおただのり

グラフィックデザイナー[日本]

1936年 6月27日 生 (満82歳)

横尾忠則 - ウィキペディアより引用

横尾 忠則(よこお ただのり、1936年6月27日 - )は、兵庫県西脇市生まれの美術家、グラフィックデザイナー。
西脇市名誉市民。
幼少期に西脇でさまざまな超常現象を経験。
死の世界に憧れを抱く。
神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。
1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言。
以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。
三島由紀夫に出会い三島の「聖俗一体」的言動に触発される。
三島の死をきっかけにその後の15年間をオカルティズムや神秘主義まで包括した精神世界に傾斜してゆくが、それらが大いなる錯覚だったと気づき「私」の探求の延長線上で絵画に出会う。
精神世界と絵画は全く別の存在だと考えていたが、後にこの両者が自分すら知らない深いところで結びついていると感じるに至る。

向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。
長女の横尾美美も美術家。
1936年 - 兵庫県多可郡西脇町(現在の西脇市)に成瀬光政とツヨの次男として生まれる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

よこおただのり [生]1936.6.27.兵庫イラストレーター,グラフィック・デザイナー,画家。1955年西脇高校卒業後,ポスターかきを経て61年上京,日本デザインセンター入社。日宣美展に出品,多くの賞を受ける。60年代に日本の情念を生々しくとらえた派手な色彩のポスター,イラストレーションを生み出し,時代の寵児となる。雑誌『話の特集』の表紙,アニメーションなど異色作が多い。近年はタブローも試みている。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 世界
  • 画家
  • 精神
  • 絵画
  • 西脇市
  • さまざま
  • イラストレーター
  • オカルティズム
  • ニューヨーク
  • ピカソ
  • 三島
  • 三島由紀夫
  • 主義
  • 兵庫県
  • 成瀬政博
  • 新潮
  • 新聞社
  • 横尾
  • 現象
  • 神戸
  • 神秘
  • 美美
  • 美術家
  • 美術館
  • 超常
  • 近代
  • 週刊
  • 錯覚
  • きっかけ
  • それら
  • ところ
  • グラフィック
  • ックデザイナー
  • デザイナー
  • パブロ
  • 一体
  • 両者
  • 作品
  • 傾斜
  • 制作
  • 包括
  • 名誉
  • 実弟
  • 宣言
  • 市民
  • 幼少期
  • 延長
  • 憧れ
  • 担当
  • 探求
  • 活動
  • 独立
  • 経験
  • 線上
  • 聖俗
  • 自分
  • 衝撃
  • 表紙絵
  • 西脇
  • 触発
  • 言動
  • 長女
  • 開催