誕生日データベース

辛島昇からしまのぼる

歴史学者、東京大学名誉教授・インド史[日本]

1933年 4月24日

2015年 11月26日 死去急性骨髄性白血病享年83歳
辛島昇 - 歴史学者、東京大学名誉教授・インド史
辛島 昇(からしま のぼる、1933年4月24日 - 2015年11月26日)は、日本の歴史学者。
博士(文学)(東京大学)。
東京大学名誉教授・大正大学名誉教授。
タミル語刻文研究の世界的権威。
また、「南アジア地域研究」の第一人者的人物であり、この領域の開拓・発展への貢献も大きい。
南アジア中世史から、現代インド社会まで、さらには、日本で誤解されがちな「インドのカレー事情」・食文化について記した読み物を手掛けるなど研究の幅も広い。
また、「美味しんぼ」にも本人役で登場している。
(『インドカレー紀行』を参照。
) 漢文学者・辛島驍の子として京城に生まれる。
母方の祖父も漢文学者・塩谷温。
神奈川県立湘南高等学校を経て、 1958年 東京大学文学部東洋史学科卒業 1964年 東京大学文学部助手 1967年 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教授 1974年 東京大学文学部助教授 1981年 同教授、史学会理事長 1993年 「ヴィジャヤナガル王国支配下の南インド社会 -新しい体制の成立へ」で、博士(文学)(東京大学)。

■ 関連書籍

「辛島昇」と関連する人物

連想語句
  • 名誉教授
  • アジア
  • 東京大学
  • インド
  • カレー
  • タミル
  • 共編
  • 共著
  • 単著
  • 博士
  • 受章
  • 受賞
  • 地域
  • 大正大学
  • 文学
  • 編著
  • 美味しんぼ
  • 著書
  • 訳書
  • 中世
  • 事情
  • 日本
  • 本人
  • 権威
  • 現代
  • 発展
  • 社会
  • 第一人者
  • 誤解
  • 読み物
  • 貢献
  • 開拓
  • 領域
  • 食文化