誕生日データベース

相沢忠洋あいざわただひろ

考古学者[日本]

1926年 6月21日

1989年 5月22日 死去脳内出血享年64歳
相沢忠洋 - ウィキペディアより引用
相沢 忠洋(あいざわ ただひろ、1926年6月21日 - 1989年5月22日)は、日本の考古学者。
納豆などの行商をしながら独学で考古研究を行っていたが、1949年(昭和24年)に群馬県新田郡笠懸村(現・みどり市)(岩宿遺跡)の関東ローム層から打製石器を発見し、それまで否定されてきた日本の旧石器時代の存在を証明した。
功績 1949年(昭和24年)以前、日本における人類の歴史は縄文時代からとされており、旧石器時代の存在は否定されていた。
特に火山灰が堆積した関東ローム層の年代は激しい噴火のため人間が生活できる自然環境ではなかったと考えられており直良信夫などによる旧石器の発見が報告されることはあったが、激しい批判にさらされていた。
そうした時代背景の中で、1946年(昭和21年)、相沢は、岩宿の切り通し関東ローム層露頭断面から、石器(細石器)に酷似した石片を発見した。
ただし旧石器と断定するまでには至らず、確実な旧石器を採取するため、相沢は岩宿での発掘を独自に続けていった。

■ 関連書籍

「相沢忠洋」と関連する人物

連想語句
  • 功績
  • みどり市
  • ローム層
  • 出典
  • 岩宿
  • 新田郡
  • 日本
  • 旧石器時代
  • 注釈
  • 生涯
  • 納豆
  • 群馬県
  • 著書
  • 遺跡
  • 関東
  • 関連
  • それまで
  • 否定
  • 打製
  • 昭和
  • 独学
  • 発見
  • 石器
  • 笠懸
  • 笠懸町
  • 考古
  • 行商
  • 証明
  • 黒曜石