誕生日データベース

権藤正利ごんどうまさとし

プロ野球選手[日本]

1934年 5月1日

権藤正利 - ウィキペディアより引用

権藤 正利(ごんどう まさとし、1934年5月1日 - )は、佐賀県出身の元プロ野球選手(投手)。
来歴・人物 5歳の時、竹トンボを作っている最中、あやまってナイフで左手人差し指の先端を1cmほど削ぎ落とすという大怪我をする(このケガにより、後述のドロップが生まれたとも言われている)。
また少年時代は小児麻痺にかかり、一時は左半身が不随となった。
猛練習で知られる柳川商業高校(現・柳川高等学校)を卒業後、1953年に大洋松竹ロビンスへ入団。
ドロップと呼ばれていた大きく縦に落ちるカーブを武器に1年目から活躍し、15勝12敗で新人王を獲得する。
翌1954年も防御率2.83、奪三振222をマークするが、リーグ最多の143与四球が響いたのか、11勝20敗と大きく負け越した。
権藤の縦に割れるカーブはものすごく、キャッチャーの土井淳が「キリキリキリと音を立てるように直角に落ちるんだ。
」と証言している。
当時は「懸河のドロップ」の名でファンに親しまれており、カーブの名手であった金田正一もバッターボックスに立った際、権藤のカーブには手を焼き、一目置いていた。

プロ野球選手。 右投右打、ポジションは投手。背番号は18→20→15番。 1934年5月1日生まれ。福岡生まれ、佐賀県出身。 柳川商業*1から1953年、大洋松竹ロビンス(洋松ロビンス)に入団。 幼少の頃の怪我を克服、ドロップボールを武器に大洋ホエールズのエースとして活躍。 しかしチームの低迷もあって、勝ち星にはなかなか恵まれなかった。 1955年7月9日の広島カープ戦を皮切りに、1957年7月8日の巨人戦で勝利を収めるまで、プロ野球記録である28連敗を記録。 1964年、東映フライヤーズに移籍。 1965年、阪神タイガースに移籍。1967年には最優秀防御率のタイトルを獲得。 1973年シーズン終了後、ファン感謝デーの日に、金田正泰?監督を殴る。 金田が殴られるのは鈴木皖武に続き2度目。 同年、現役引退。 引退後は実家に戻り酒店を継いでいたが、1987年8月、倒産。 *1:現在の柳川高校。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 投手
  • 柳川
  • タイトル
  • ナイフ
  • プロ野球
  • 佐賀県
  • 学校
  • 年度
  • 成績
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • 高等
  • ごんどう
  • ほど
  • まさとし
  • カーブ
  • ケガ
  • ドロップ
  • 不随
  • 人差し指
  • 先端
  • 出身
  • 商業
  • 大怪我
  • 小児麻痺
  • 少年
  • 左半身
  • 左手
  • 後述
  • 急性
  • 時代
  • 最中
  • 権藤
  • 正利
  • 猛練習
  • 球種
  • 竹とんぼ
  • 竹トンボ
  • 高校