生年月日データベース

山内一弘やまうちかずひろ

プロ野球選手、監督[日本]

1932年 5月1日

2009年 2月2日 死去享年78歳
山内一弘 - ウィキペディアより引用

山内 一弘(やまうち かずひろ、1932年5月1日 - 2009年2月2日)は、愛知県一宮市出身の元プロ野球選手(外野手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
旧名「山内 和弘」(読みは同じ)。
アマチュア時代 小学2年生の頃、自宅の近くにあった小学校の校庭で町内の大人達が野球をしており、そこでボール拾いをしながらキャッチボールを教えてもらったりボールを打たせてもらったりしたことが、野球を知ったきっかけであった。
起工業高校ではエースで4番打者を務め、後に中京商や中京大学監督を務めた瀧正男の指導を受けていた。
高校卒業後に中日ドラゴンズの入団テストを受験し合格したものの、球団の経営事情や、起工業高校が硬式ではなく軟式であったことなどから、山内を含めた数名の合格者は全員入団できなかった。
その後、硬式野球のノンプロ川島紡績(現・カワボウ)に入社。
外野手に転向し、都市対抗野球出場を果たす。
1952年、テスト生として毎日オリオンズに入団した。
現役時代 プロでは1年目から44試合出場ながら打率.336を残した。

■ 関連書籍

50〜70年代のプロ野球選手、指導者。 旧名「和弘」。 通称「打撃の職人」「かっぱえびせん*1」。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は8番。 1932年5月1日生まれ。愛知県出身。 起工業から川島紡績を経て1952年、毎日オリオンズに入団。 3年目の1954年から外野手に定着。 シュート打ちの名人とも言われ、内外角のボールを左右へ巧みに打ち分けるバットコントロールの持ち主であった。 その技術に加えてパワーもあり、1960年には32本塁打を放つなど、榎本喜八らと共に 毎日大映オリオンズ(大毎オリオンズ)のミサイル打線の中軸として活躍した。 同年本塁打王と打点王を獲得し、MVPにも輝いた。 1964年、小山正明との「世紀のトレード」で阪神タイガースへ移籍。同年31本塁打を放ち変わらぬ打棒を見せた。 1968年、根本陸夫監督の広島東洋カープに移籍。 1970年、現役引退。 1971年〜1974年、読売ジャイアンツ打撃コーチ。 1975年〜1976年、阪神タイガース打撃コーチ。 1977年、ヘッドコーチに就任。 1979年、ロッテオリオンズの監督に就任。落合博満*2、リー兄弟、有藤道世、弘田澄男らのミサイル打線でチームを1980年、1981年の半期優勝に導いた。 1984年、故郷の中日ドラゴンズの監督に就任。強竜打線を率いて快進撃に。 1986年、成績不振の為に監督退任。後任を高木守道に託す。 1987年〜1989年、読売ジャイアンツ打撃コーチ。1991年〜1993年、オリックス・ブルーウェーブヘッドコーチ。 1995年、阪神打撃コーチ。 1998年、台湾プロ野球の和信鯨(現・中信鯨)の打撃コーチ。 2002年、野球殿堂入り。 引退するまで …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ野球
  • 時代
  • 打撃
  • 野球
  • アマチュア
  • コーチ
  • スタイル
  • プレー
  • 一宮市
  • 名球会
  • 外野手
  • 守備
  • 山内
  • 引退
  • 愛知県
  • 指導者
  • 日本
  • 現役
  • 監督
  • 解説者
  • 評論家
  • 詳細
  • 選手
  • かずひろ
  • やまうち
  • 一弘
  • 会員
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 和弘
  • 年度
  • 成績
  • 旧名
  • 最年長