生年月日データベース

湯場忠志ゆばただし

元プロボクシング選手[日本]

(ボクシング史上初となる日本王座5階級を制覇)

1977年 1月19日

湯場 忠志(ゆば ただし、1977年1月19日 - )は、日本の元プロボクサー。
宮崎県北諸県郡三股町出身。
第47代日本ライト級王者。
第28代日本スーパーライト級王者。
第43代・第45代日本ウェルター級王者。
第34代日本スーパーウェルター級王者。
第55代日本ミドル級王者。
日本王座5階級制覇王者。
都城レオスポーツジムに所属していた。
宮崎日本大学高等学校卒業。
17歳の時にオスカー・デ・ラ・ホーヤのビデオを観て、そのボクサーとしての紳士的なあり方に近づきたいと考え、ボクシングを習うようになった。
高校卒業後、19歳の時にアマチュアの試合に勝利し、ボクシングを本格的に志した。
1996年4月14日、プロデビュー戦に4回判定勝利を収めた。
2戦目は前博志に4回判定で敗れるも、3戦目に2回KOでリベンジに成功した。
1997年2月15日、青木政孝を1回KOで破り、4連勝で全日本スーパーライト級新人王を獲得した。
1999年2月22日に木村登勇を破って日本5位となり、同年9月20日には防衛18度のリック吉村の日本ライト級王座に挑戦した。

プロボクシング選手。 2001年10月、小野淳一に負傷判定勝ちで日本ライト級暫定王座獲得(後に正規王座昇格)。 2002年3月、空位の日本スーパーライト級王座を足立浄と争い、TKO勝ちで王座獲得。しかし、2度目の防衛で佐々木基樹に敗れ、王座陥落。 一旦は引退表明するも、後に復帰。 2005年1月、空位の日本ウェルター級王座を竹中義則と争い、TKO勝利で王座獲得。 日本史上3人目の国内タイトル3階級制覇を達成。 2005年9月、大曲輝斉に1回40秒KO負けを喫し王座陥落。 2007年4月、古川明浩を初回KOで下し、空位の日本ウェルター級タイトルを獲得。王座復帰を果たした。 同年12月、日本新記録の16試合連続KO勝利を狙う牛若丸あきべぇを初回KOで破り、2度目の防衛。 * (引用元 Hatena Keyword)

「湯場忠志」と関連する人物

連想語句
  • ウェルター級
  • 獲得
  • スーパー
  • ライト級
  • 日本
  • 王者
  • 王座
  • ミドル級
  • 制覇
  • 三股町
  • 北諸県郡
  • 学校
  • 宮崎
  • 日本大学
  • 転向
  • 高等
  • ジム
  • スポーツ
  • レオ
  • 中学校
  • 出身
  • 卒業
  • 所属
  • 都城