誕生日データベース

千道安せんのどうあん

茶人[日本]

(天文15年生)

1546年

1607年 3月14日 死去享年62歳

千 道安(せん の どうあん、天文15年(1546年) - 慶長12年2月17日(1607年3月14日))は戦国時代から江戸時代初期の茶人。
始め紹安。
後に道安。
号は、可休斎、不休斎、眠翁、泉南道安老人など。
堺千家の主。
天文15年(1546年)、千宗易の長男として生まれる。
母は宝心妙樹。
千家の嫡男だが、利休と折り合いが悪く若い頃に家を出た。
のちに利休と和解。
茶の道を修め豊臣秀吉の茶頭八人衆に数えられるまでになった。
利休切腹後は金森長近に預けられ(異説あり)、蟄居、謹慎を命じられた。
長近が茶人であったことから、親交を深めたとみられている。
文禄3年(1594年)に赦されて堺に戻り(時期には諸説ある)、千家の家督を継いだ(堺千家)。
慶長6年(1601年)、細川三斎に招かれ、茶頭となり、豊前水崎で三百石を拝領する。
慶長12年(1607年)、豊前の地にて死去(異説あり)。
大宰府の崇福寺に葬られた。
現在の墓所は堺市南宗寺。
人物評 同い年と言うことから、義弟である千少庵との対比で語られることが多い。

■ 関連書籍

安土桃山・江戸前期の茶人。千利休の長男。初名は紹安、のちに道安。号に可休斎・一咄家斎等。利休自刃後京を離れたが、その行方は飛騨・阿波などの諸説がある。義弟の千少庵が千家再興を許されてから豊前国小倉藩主細川三斎に招致され、禄高三百石を扶持された。その茶風は少庵の柔(静)に対し剛(動)といわれ、道安囲などすぐれた創意を今に伝える。慶長12年(1607)歿、62才。 (引用元 コトバンク)

「千道安」と関連する人物

連想語句
  • 利休
  • 千家
  • 茶人
  • 事績
  • 人物評
  • 作品
  • 再婚
  • 弟子
  • 心妙
  • 戦国時代
  • 文禄
  • 江戸時代
  • 登場
  • 評価
  • 豊臣秀吉
  • 道安
  • 金森長近
  • 飛騨高山
  • 不休
  • 両者
  • 以後
  • 切腹
  • 初期
  • 千利休
  • 同い年
  • 同席
  • 和解
  • 堺市
  • 天文
  • 嫡男
  • 宗易
  • 家督
  • 日本
  • 時期
  • 泉南
  • 異説
  • 相手
  • 眠翁
  • 紹安
  • 終生
  • 老人
  • 茶会
  • 茶道
  • 茶頭
  • 蟄居
  • 親交
  • 諸説
  • 謹慎
  • 連れ子
  • 長男
  • 長近