生年月日データベース

宗左近そうさこん

詩人評論家、フランス文学者[日本]

1919年 5月1日

2006年 6月20日 死去享年88歳

宗 左近(そう さこん、1919年5月1日 - 2006年6月20日)は、詩人・評論家・仏文学者であり翻訳家。
本名は古賀 照一(こが てるいち)。
法政大学名誉教授。
法政大学社会学部と昭和女子大学教授を歴任。
文芸誌『同時代』同人。
福岡県遠賀郡戸畑町(北九州市戸畑区)に生まれる。
天籟寺小学校、戸畑小学校、宮崎第二小学校、宮崎中学(現・宮崎県立宮崎大宮高等学校)、小倉中学(現・福岡県立小倉高等学校)を経て上京。
旧制一高を卒業後、1942年、東京帝国大学哲学科に入学した。
1945年4月、召集により横須賀海兵隊に入隊したが、精神錯乱を装い除隊というエピソードもある。
東大卒業後、都立女専に就職し、フランス語を担当した。
その後法政大学第一教養部、社会学部教授、昭和女子大学教授などを歴任した。
高校時代からフランス象徴詩に親しみ、詩の創作に親しむ。
戦後は『同時代』や草野心平の『歴程』に参加した。
作詞家としても非常に有名であり、1977年に静岡市立南部小学校校歌「夢までも」を作詞した際、この歌を作曲した三善晃とはこれを機に親交をもち、その後も作曲家三善晃とのコンビで校歌、自治体関連の歌、合唱曲の作詞を行っている。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

そう-さこん 1919-2006昭和後期-平成時代の詩人,美術評論家。大正8年5月1日生まれ。「同時代」「歴程」に参加し,詩集「黒眼鏡」「河童」,美術評論「反時代的芸術論」などを発表。昭和43年東京大空襲で焼死した母への鎮魂の長編詩集「炎(も)える母」で藤村記念歴程賞。ほかに詩集「縄文連祷」,評論「日本美―縄文の系譜」など。法大教授をへて昭和女子大教授。平成18年6月20日死去。87歳。福岡県出身。東京帝大卒。本名は古賀照一。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 小学校
  • エッセイ
  • 仏文
  • 共著
  • 北九州市
  • 同時代
  • 学者
  • 宮崎
  • 小説
  • 戸畑
  • 戸畑区
  • 法政大学
  • 演劇
  • 福岡県
  • 翻訳
  • 翻訳家
  • 著作
  • 評論
  • 詩集
  • 遠賀郡
  • 関連
  • こが
  • てるいち
  • 中学
  • 古賀
  • 同人
  • 名誉教授
  • 天籟寺
  • 文芸
  • 本名
  • 照一