生年月日データベース

小島直記こじまなおき

作家[日本]

1919年 5月1日

2008年 9月14日 死去享年90歳

小島 直記(こじま なおき、1919年5月1日 - 2008年9月14日)は、福岡県八女郡福島町(現・八女市福島)の生まれの小説家。
経済人などの伝記小説で知られる。
本名は小嶋直記。
旧制福岡高等学校卒業。
東京帝国大学経済学部商業学科を卒業後、海軍短期現役第10期生として海軍主計大尉で終戦。
戦後、私立八女津女子高等学校(現在の八女学院高等学校)や、母校でもある八女中学校(現在の県立八女高等学校)で社会科の教師として教鞭を取り、詩人の松永伍一を教えたこともある。
経済調査官を経て、1949年ブリヂストンに入社。
社内報編集や社史編さんなどに従事。
学生時代から同人雑誌「こおろ」(のち「こをろ」と改称)に参加し、1956年「人間勘定」で第34回芥川賞候補。
1966年にブリヂストンを退社し、作家専業となる。
1967年に『週刊現代』に連載した『小説三井物産』は、1981年に講談社文庫で企業情報小説シリーズとして刊行され、上下巻で20万部を売り上げるヒットとなった。

■ 関連書籍

こじま-なおき 1919-2008昭和後期-平成時代の小説家。大正8年5月1日生まれ。経済調査官をへて昭和29年ブリヂストンにはいる。一方,火野葦平(あしへい)の後をうけ「九州文学」を主宰。38年「三井家の人々」をかき,40年から文筆に専念し,政財界の人物評伝に新分野をひらいた。平成20年9月14日死去。89歳。福岡県出身。東京帝大卒。作品に「福沢山脈」「極道」「無冠の男」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 学校
  • 高等
  • 八女
  • 福岡
  • 八女市
  • 卒業
  • 学院
  • 小説家
  • 旧制
  • 松永伍一
  • 海軍
  • 現在
  • 県立
  • 社会
  • 経済
  • 翻訳
  • 著書
  • 詩人
  • ブリヂストン
  • 中学校
  • 主計
  • 伝記
  • 入社
  • 参加
  • 同人雑誌
  • 商業
  • 大学
  • 大尉
  • 女子
  • 学生
  • 学科
  • 学部
  • 小嶋
  • 小説
  • 帝国
  • 従事
  • 戦後
  • 改称
  • 教師
  • 教鞭
  • 時代
  • 本名
  • 東京
  • 東京大学
  • 母校
  • 現役
  • 直記
  • 短期
  • 社内報
  • 社史
  • 福島
  • 私立
  • 終戦
  • 経済人
  • 編さん
  • 調査官