誕生日データベース

松平重勝まつだいらしげかつ

遠江横須賀藩初代藩主[日本]

(天文18年生)

1549年

1621年 1月6日 死去享年73歳
松平重勝 - ウィキペディアより引用
松平 重勝(まつだいら しげかつ、天文 (元号) 天文18年(1549年)- 元和 (日本) 元和6年12月14日 (旧暦) 12月14日(1621年1月6日)))は、江戸時代前期の大名。
越後国三条藩主、下総国関宿藩主、遠江国横須賀藩初代藩主。
杵築藩能見松平家初代。

松平重吉の四男(異説有り)。
母は岩津松平親長の娘(異説有り)。
正室は鳥居忠吉の娘。
子は松平重忠(長男)、松平重長(次男)、松平重則(三男)、松平重信(四男)、松平勝隆(五男)、娘(岩瀬氏与室)など。
大隅国 大隅守。

徳川家康に仕えて初期の大番頭を勤める、1605年(慶長10年)に伏見城の守護、1612年(慶長17年)、徳川家康の六男松平忠輝の付家老となり、越後三条2万石を与えられる。
長男・重忠は将軍家で大番頭を務めていたため、次男・重長を手元に置いた。

「松平重勝」と関連する人物

徳川家康 徳川秀忠 板倉重宗 板倉重郷
連想語句
越後三条大番頭慶長松平江戸時代下総伏見城初期四男大名大隅岩瀬徳川家康松平忠輝松平親長松平重吉横須賀次男異説能見遠江重信重忠重長長男関宿附家老高田鳥居忠吉三男五男六男初代前期勝隆守護家康将軍岩津後年忠輝手元支配松平勝隆松平重則松平重忠松平重長正室藩主越後国配下重則

↑ PAGE TOP