生年月日データベース

有川貞昌ありかわさだまさ

特撮監督[日本]

1925年 6月17日

2005年 9月22日 死去享年81歳

有川 貞昌(ありかわ さだまさ、1925年(大正14年)6月17日 - 2005年(平成17年)9月22日)は、東京府出身の撮影技師、特撮監督。
日本映画撮影監督協会会員。
通り名は有職読みの「ていしょう」。
1943年(昭和18年)、日比谷の映画館で東宝映画『南海の花束』(1942年、阿部豊監督)を観て、四発飛行艇「川西大艇」に魅せられ、四国の海軍航空隊に入隊。
飛行機パイロットの訓練を受ける。
1944年(昭和19年)、台湾南部の航空隊に配属され、雷撃機搭乗隊員として、対潜哨戒作戦に従事する。
この航空隊での映画会で、『雷撃隊出動』(1944年、山本嘉次郎監督)を鑑賞し、出来栄えの素晴らしさに感動する。
1945年(昭和20年)、内地で敗戦を迎える。
本人によれば、「幾度か死地を脱した末のことであった」という。
同年8月、縁故で砧の東宝撮影所に入所。
「技術部録音部」に配属される。
1948年(昭和23年)、前々年からの東宝争議で、東宝撮影所は映画製作が止まってしまう。
学生野球の経験があることから、有川は若い女優らと地方へ野球の試合に向かわされ、缶詰会社の社員と試合をして、もらって帰った缶詰を組合に供出するというような日々を送った。

■ 映像作品

■ 関連書籍

特撮マン。1925年東京生まれ。円谷英二の東宝時代の一番弟子。 戦争中に航空映画「南海の花束」を見て、飛行機乗りを志し、特攻隊員となるが、特攻直前に終戦。 戦後、東宝に技術者として入社。円谷英二のもと、撮影助手で1954年の「ゴジラ」にかかわり、のち、キャメラマンとして数多くの特撮作品で活躍。 1967年「ゴジラの息子」で、ゴジラ映画二代目の特技監督となる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • 監督
  • 撮影
  • エピソード
  • オーディオ
  • コメンタリー
  • テレビ
  • 代表作
  • 円谷英二
  • 出典
  • 出演
  • 協会
  • 南海
  • 技師
  • 日本
  • 日比谷
  • 有職
  • 東京
  • 特撮
  • 花束
  • 阿部豊
  • ていしょう
  • 会員
  • 出身
  • 四国
  • 大艇
  • 川西
  • 映画館
  • 昭和
  • 東宝
  • 通り名
  • 飛行艇