生年月日データベース

村田新八むらたしんぱち

薩摩藩士[日本]

(西南戦争に参加し最期は自決、天保7年11月3日)

1836年 12月10日

1877年 9月24日 死去自決享年42歳
村田新八 - ウィキペディアより引用

村田 新八(むらた しんぱち、天保7年11月3日(1836年12月10日) - 明治10年(1877年)9月24日)は日本の武士(薩摩藩士)・政治家。
薩摩藩士時代 天保7年(1836年)11月3日、薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(高見馬場方限)で高橋八郎の第三子として生まれ、幼にして村田十蔵(経典)の養子となった。
初めの名は経麿、のち経満(つねみつ)に改む。
通称を新八という。
三男一女あり、長男の岩熊は西南戦争に従軍して田原坂で戦死、次男の二蔵は鹿児島に戻る途中で負傷、命をつないだ。
村田は年少のときから西郷隆盛に兄事し、尊王の志を抱いた。
文久2年(1862年)3月10日、熊本藩士・宮部鼎蔵らが入薩しようとしたとき、有馬新七らと市来駅で宮部らと会して時事を談じ、入薩を断念させた。
この後に島津久光進発に先立って上京した西郷・村田と森山新蔵は諸藩の情勢を探っていたが、真木保臣・有馬新七らの京都挙兵(寺田屋騒動)を煽動したと久光から疑われ、呼び戻されて西郷は徳之島(再命で沖永良部島へ変更)へ、村田は喜界島(薩摩硫黄島(鬼界ヶ島)ではない)へ遠島された。

■ 関連書籍

1836年12月10日〜1877年9月24日 幕末の薩摩藩士。政治家。 戊辰戦争で活躍後、宮内大丞などを歴任。1871年の欧米視察にも参加した。その後、西郷隆盛らとともに鹿児島に帰っていた。西南戦争の時には西郷隆盛らの薩軍として参加して戦死した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 薩摩藩
  • 時代
  • 作品
  • 出典
  • 政府
  • 日本
  • 明治
  • 武士
  • 注釈
  • 登場
  • 西南戦争
  • 政治家
  • 薩摩
  • 藩士