誕生日データベース

藤田紀子ふじたのりこ

女優タレント[日本]

(旧芸名・藤田憲子)

1947年 9月7日

藤田 紀子(ふじた のりこ、1947年9月7日 - )は、大分県大分市出身の女優、タレント。
本名・旧芸名、藤田 憲子(ふじた のりこ)。
来歴・人物 大分県大分市出身。
松竹時代は、映画やドラマでどこに出ているか確認困難な端役専門の女優であったが、1967年(昭和42年)に『雌が雄を喰い殺す 三匹のかまきり』に出演してからは、一部で注目され短いセリフのある端役を演じるようになった。
1970年(昭和45年)10月、当時屈指の人気幕内力士だった貴ノ花と結婚し、芸能界を引退。
二児をもうけたが、2001年(平成13年)、不倫疑惑が報道される中で別居、後に離婚。
芸能界に復帰した。
現在は女優、タレント、コメンテーターとしてメディア出演するほか、子育て、ライフスタイルをテーマに講演活動を行うなど、活動の場を広げている。
相撲部屋の元おかみにして横綱の母親という経歴から、ワイドショーにおいて大相撲に関するコメントを求められることも多い。
2008年(平成20年)12月27日、芸名を本名の藤田憲子から藤田紀子に改名したことを公式ブログにて発表した。

■ 関連書籍

連想語句
  • 端役
  • 出演
  • 映画
  • かまきり
  • エピソード
  • テレビドラマ
  • 事務所
  • 大分市
  • 大分県
  • 所属
  • 昭和
  • 松竹
  • 舞台
  • 著書
  • どこ
  • のりこ
  • ふじた
  • セリフ
  • ドラマ
  • 一部
  • 人気
  • 出身
  • 困難
  • 女優
  • 専門
  • 屈指
  • 当時
  • 憲子
  • 時代
  • 注目
  • 確認
  • 芸名
  • 藤田