生年月日データベース

村山聖むらやまさとし

将棋棋士[日本]

1969年 6月15日

1998年 8月8日 死去享年30歳
村山聖 - 将棋棋士

村山 聖(むらやま さとし、1969年(昭和44年)6月15日 - 1998年(平成10年)8月8日)は、将棋棋士、九段(追贈)。
森信雄七段門下。
棋士番号は180。
いわゆる「羽生世代」と呼ばれる棋士の一人。
広島県安芸郡府中町出身。
血液型はAB型。
兄姉の3兄姉の次男として広島大学病院で生まれる。
5歳のとき、腎臓の難病「ネフローゼ」にかかっていることが発覚。
府中町立府中小学校に入学するも病状が悪化し、5年生まで国立療養所原病院に入院し、院内学級で過ごす。
ともに入院していた子が亡くなることもあった。
入院中に父から教わり、将棋と出会う。
体に障ると何度注意されても朝から晩まで指し続けた。
母には、小学館の学習雑誌、「将棋世界」などの本を持ってきてもらった。
以降頭角を現し、中国こども名人戦で4大会連続優勝。
また、当時タイトルホルダーの森安秀光(棋聖)を飛車落ちで破った。
1981年の小学生将棋名人戦の3回戦で佐藤康光と対局し、敗れている。
1982年府中町立府中中学校1年の中学生将棋名人戦でベスト8に入り(優勝は中川大輔)、その上京の際に真剣師として知られる小池重明と遭遇し、彼と指し合い勝利したエピソードがある。

■ 関連書籍

将棋棋士。 あだ名は怪童丸。 幼い頃にかかったネフローゼによって、生涯、持病の苦しみと戦うことになる。 身長160センチ足らず、小柄。 体質のため呼吸音は大きいが、美声。 大盤解説も面白く解りやすく好評だった。 たいへんな読書家で、推理小説から少女漫画まであらゆるものを購入。 底が抜けそうに本が積み重なったアパートは有名。 羽生善治・佐藤康光・森内俊之・郷田真隆らと、ほぼ同世代でありライバル。   生年月日 1969年6月15日 死没日 1998年8月8日 出身地 広島県安芸郡 師匠 森信雄六段 生涯成績 356勝201敗 竜王戦 1組−4期 順位戦 A級−3期   (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 棋士
  • 将棋
  • 広島県
  • エピソード
  • タイトル戦
  • プロデビュー
  • 世代
  • 再発
  • 奨励会
  • 安芸郡
  • 少年
  • 履歴
  • 平成
  • 幼少期
  • 府中町
  • 成人
  • 成績
  • 昇段
  • 時代
  • 森信雄
  • 死去
  • 活動
  • 番号
  • 移籍
  • 羽生
  • 関東
  • 一人
  • 出身
  • 登場
  • 追贈
  • 門下