生年月日データベース

沢田敏男さわだとしお

農学者[日本]

1919年 5月4日

2017年 10月18日 死去心不全享年99歳

沢田 敏男(さわだ としお、1919年(大正8年)5月4日 - )は日本の農学者、工学者。
京都大学名誉教授、元総長。
専門は農業土木、ダム工学。
農学博士(京都大学、1955年)(学位論文「浸透水の流動に関する研究」)。
文化勲章受章者。
三重県伊賀市出身。
灌漑ダムや干拓施設に関する理論的研究を行った。
特に、ロックフィルダムの変形や透水の諸問題を解決する有用な設計法を多数確立したこと、ロックフィルダムとコンクリートダムとを隙間なく組み合わせる設計法を確立したことなどが顕著な業績である。
これらの工法は、各地のダム建設時に適用された。
京都大学総長としては、留学生受け入れの拡充など「国際化」路線を確立し、「将来計画検討委員会」発足でその後具体化する京大改革構想の策定に着手したことが注目される。
一方、1970年代以後、竹本処分(1977年)を経てなお一定の勢力を維持し「日本のガラパゴス」と称された京大学生運動に対しては、「学生寮の正常化」政策を進めることでその支持基盤を弱めようとした。

■ 関連書籍

農学者、工学者。京都大学名誉教授、元京都大学総長。 1919年(大正8年)5月4日、生まれ。2017年(平成29年)10月18日、死去。 1989年(平成元年)、日本学士院会員。 1991年(平成3年)、勲一等瑞宝章を受章。 1994年(平成6年)、文化功労者顕彰。 2005年(平成17年)、文化勲章を受章。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 業績
  • 京都大学
  • 学者
  • ダム
  • 三重県
  • 事項
  • 伊賀市
  • 博士
  • 受賞歴
  • 叙勲
  • 名誉教授
  • 土木
  • 学外
  • 学歴
  • 役職
  • 文化勲章
  • 総長
  • 職歴
  • 農学
  • 農業
  • 関連
  • 京都
  • 出身
  • 午後
  • 受章者
  • 学位
  • 専門
  • 工学
  • 市内
  • 心不全
  • 死去
  • 流動
  • 浸透
  • 病院
  • 論文