誕生日データベース

中村栄

プロ野球選手[日本]

1923年 4月24日

中村 栄(なかむら さかえ、1923年4月24日 - 1998年10月29日)は、群馬県出身の元プロ野球選手。
ポジションは内野手。
来歴・人物 桐生中では1939年に第25回全国中等学校優勝野球大会へ出場した。
藤倉電線を経て、1942年に阪急軍へ入団。
1944年に応召し、終戦後はアマチュア野球の三共繊維でプレー。
1950年に新設球団の国鉄スワローズでプロへ復帰。
国鉄では三塁手、二塁手のレギュラーとして活躍。
1956年に引退した。
国鉄退団後は社会人の富士重工の監督に就任し、都市対抗出場に導いた。
1998年10月29日死去。
75歳。
詳細情報 年度別打撃成績 各年度の太字はリーグ最高 背番号 10 (1942年 - 1943年) 7 (1950年 - 1956年) 関連項目 群馬県出身の人物一覧 オリックス・バファローズの選手一覧 東京ヤクルトスワローズの選手一覧。

■ 関連書籍

連想語句
  • 野球
  • 学校
  • プロ野球
  • 中等
  • 優勝
  • 全国
  • 内野手
  • 大会
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 桐生
  • 社会人
  • 群馬県
  • 背番号
  • 藤倉
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • 電線
  • さかえ
  • なかむら
  • アマチュア
  • オリックス
  • バファローズ
  • プレー
  • ヤクルトスワローズ
  • 三共
  • 中村
  • 入団
  • 出場
  • 出身
  • 国鉄
  • 応召
  • 新設
  • 東京
  • 球団
  • 県立
  • 終戦
  • 繊維
  • 群馬
  • 阪急
  • 高等