生年月日データベース

ジョージ川口じょーじかわぐち

ミュージシャン[日本]

1927年 6月15日

ジョージ川口(1927年6月15日 - 2003年11月1日)は日本のドラム奏者。
本名は、川口譲治。
「ジャズドラムスの神様」と呼ばれた。
京都府京都市出身。
少年期から青年期にかけて満州で過ごす。
旧制尋常小学校から旧制大連実業学校を経て、満州飛行学校、を卒業し、陸軍航空士官学校に学ぶ。
終戦時は陸軍少年航空兵として訓練を受けていた。
ジャズ奏者の父親(但し本来はクラシックのヴァイオリニストで、満洲や上海(租界)のオーケストラに在籍)の影響で戦後から米軍クラブなどで演奏活動を始め1953年に松本英彦、中村八大、小野満と共にバンド「ビッグ4」を結成して活躍、1950年代に大衆的人気を誇った。
ジャズを広く普及させ、また多くの若手を育成した功績を評価され、芸術選奨文部大臣賞、紫綬褒章などを受賞している。
他ジャンルとの競演もこなしており、和太鼓奏者の小口大八とのセッションは幾度と無く行われた。
越路吹雪のバンド「ロイヤルポップスオーケストラ」のドラムとしても活躍。
豪放磊落な性格で幅広い世代から愛された人物である。
没後、自身のバンドであったニュービッグフォーは、息子の川口雷二が後を継いでいる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ジョージかわぐち [生]1927.6.15.京都,京都[没]2003.11.1.東京,渋谷ドラム奏者。本名川口譲治。中国東北部満州の大連で育った。関東軍航空隊飛行士を経て父川口養之助の楽団でドラムを習得。1947年に帰国し,三木トリロー・バンドに参加。1949年レイモンド・コンデのゲイ・セプテットに加入して注目された。1953年にベースの小野満,テナー・サクソフォーンの松本英彦,ピアノの中村八大とビッグ・フォーを結成。爆発的な人気を得てジャズコンサート・ブームを巻き起こした。1954年からジョージ川口&ビッグ・フォー,臨時にスーパー・バンドを率いて活躍。若手の渡辺貞夫,日野皓正らを育成。日本ジャズ界をリードして発展に尽力した。川口の演奏の豪放な迫力,華麗で楽しい魅力は死の直前まで変わらなかった。得意曲は『ドラム・ブギ』。1980年度芸術選奨文部大臣賞,1988年紫綬褒章,1997年勲四等旭日小綬章を受けた。(→ジャズ) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 学校
  • 作品
  • 満州
  • 旧制
  • 陸軍
  • ほら吹き
  • ジャズ
  • ジョージ
  • テレビ
  • 京都市
  • 京都府
  • 出演
  • 士官
  • 大連
  • 実業
  • 尋常
  • 小学校
  • 少年
  • 松本英彦
  • 租界
  • 航空
  • 航空兵
  • 関連
  • 飛行
  • オーケストラ
  • クラシック
  • クラブ
  • ラムス
  • ヴァイオリニスト
  • 上海
  • 出身
  • 卒業
  • 在籍
  • 奏者
  • 少年期
  • 影響
  • 戦後
  • 本来
  • 活動
  • 満洲
  • 演奏
  • 父親
  • 神様
  • 米軍
  • 終戦時
  • 訓練
  • 青年期