生年月日データベース

エドヴァルド・グリーグEdvard Hagerup Grieg

作曲家[ノルウェー]

1843年 6月15日

1907年 9月4日 死去享年65歳
エドヴァルド・グリーグ - ウィキペディアより引用

エドヴァルド・ハーゲルップ・グリーグ(Edvard Hagerup Grieg [ˈɛdʋɑɖ ˈhɑːɡərʉp ˈɡrɪɡ]、1843年6月15日 - 1907年9月4日) は、ノルウェーの作曲家である。
現地語での発音は「エドヴァル・グリッグ」に近い。
また語末のgが無声化してしばしば/k/と発音されるドイツ語読みの影響で「グリーク」と表記される事もある。
グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。
彼の民族音楽からの深い影響は組曲「ペール・ギュント」1曲目、「朝」の冒頭がノルウェーの民族楽器であるハリングフェーレの共鳴弦を端からつま弾いた時の旋律から始まっていることからもうかがうことができる。
なお、彼の肖像は旧500クローネ紙幣に描かれていた。
生涯 グリーグは、スウェーデン統治下のノルウェーで、ベルゲン市街の家に5人兄弟の第4子(兄1人、姉2人、妹1人)として生まれた。
父方の曾祖父アレクサンダーは1779年にノルウェーに帰化したアバディーンシャー出身のスコットランド人で、一族の苗字は本来Greig(グレッグ)であった。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「エドヴァルド・グリーグ」と関連する人物

連想語句
  • ノルウェー
  • 民族
  • 音楽
  • グリーグ
  • 作曲家
  • 楽曲
  • オペラ
  • ギュント
  • クローネ
  • ドイツ語
  • ピアノ
  • ペール
  • 人物像
  • 作品
  • 協奏曲
  • 合奏曲
  • 吹奏
  • 国民
  • 弦楽
  • 影響
  • 楽器
  • 楽派
  • 独奏曲
  • 生涯
  • 発音
  • 管弦楽
  • エド
  • グリッグ
  • グリーク
  • ハリングフェーレ
  • ハーディングフェーレ
  • ヴァル
  • 共鳴
  • 冒頭
  • 室内
  • 旋律
  • 注目
  • 無声
  • 現地
  • 着想
  • 紙幣
  • 組曲
  • 肖像
  • 語末