誕生日データベース

浅野史郎あさのしろう

政治家、元宮城県知事[日本]

1948年 2月8日

浅野 史郎(あさの しろう、1948年2月8日 - )は、日本の政治家、厚生官僚。
慶應義塾大学総合政策学部元教授。
神奈川大学教授。
元宮城県知事(公選第15・16・17代)。
岩手県大船渡市生まれ、宮城県仙台市出身。
神奈川県横浜市在住。
仙台第二高等学校3学年に在学中には、「受験生への密着リポート」として、数ヵ月にわたって地元テレビ局の取材を受けた。
東京大学卒業後にはキャリア官僚として厚生省(当時)に入省、同省において障害福祉課長を務めた。
1993年、ゼネコン汚職事件に係わって当時の宮城県知事・本間俊太郎が辞職、その後の知事選挙に新生党・日本新党・さきがけ・社民連の推薦を受け立候補し初当選、同県知事に就任した。
その後、1997年、2001年にそれぞれ再選、3期に渡って同県知事を務めた。
同職中には構造改革を標榜する「改革派知事」、表立っては特定政党の推薦を受けない「無党派知事」として知名度を高めた。
浅野は知事退任後の2005年に東北大学客員教授、2006年4月には慶應義塾大学教授に就任した。
連想語句
宮城県政策施設知事障害者教授一律三本木町事業保健停止入札公開共学凍結北朝鮮団体執行報償大規模学部官僚宣言慶應義塾大学捜査支援改革機能活動県立知的神奈川大学総合解体誘致財政運営関連首都高校・・全額公選削減厚生厚生省受領県職員給与退職金

↑ PAGE TOP