誕生日データベース

コンスタンディノス・ミツォタキスKonstantinos Mitsotakis

政治家、元首相[ギリシャ]

1918年 10月31日

2017年 5月29日 死去享年100歳
コンスタンディノス・ミツォタキス - ウィキペディアより引用
コンスタンディノス・ミツォタキス(ギリシャ語 Κωνσταντίνος Μητσοτάκης 1918年10月18日 - )は、ギリシャの政治家。
首相を務めた。
ミツォタキスはクレタ島ハニアに生まれた。
多くのギリシャの政治家と同様に彼も政治家一家の生まれであり、祖父と父は国会議員、エレフテリオス・ヴェニゼロスは叔父にあたる。
青年期にはナチスのクレタ島占領に反対してレジスタンス運動に加わった。
アテネ大学で法学と経済学を学んだ後、1946年に国会に当選した。
ヴェニゼロスの親類であった彼は伝統的なギリシャのリベラルであり、ゲオルギオス・パパンドレウの率いる中央同盟に加わっていた。
しかし1965年に党内の反パパンドレウ派を率いて野党に転じ、パパンドレウ政権の崩壊を招いた。
1967年にゲオルギオス・パパドプロスによるクーデターが発生するとミツォタキスは逮捕され、国外退去処分となった。
1974年の民主化後の総選挙では無所属で立候補し落選した。
1977年に新自由主義党からでて当選し、翌年1978年にはコンスタンディノス・カラマンリス率いる新民主主義党(ND)に加わった。
連想語句
  • ギリシャ
  • ゲオルギオス
  • パパンドレウ
  • クレタ島
  • ヴェニゼロス
  • 政治家
  • アテネ
  • エレフテリオス
  • カラマンリス
  • クーデター
  • コンスタンディノス
  • ナチス
  • ハニア
  • パパドプロス
  • ミツォタキス
  • レジスタンス
  • 大学
  • 当選
  • 運動
  • 首相
  • ドイツ
  • リベラル
  • 一家
  • 中央
  • 主義
  • 党内
  • 処分
  • 占領
  • 反対
  • 叔父
  • 同様
  • 同盟
  • 国会
  • 国会議員
  • 国外
  • 多く
  • 崩壊
  • 所属
  • 政権
  • 民主化
  • 法学
  • 発生
  • 祖父
  • 立候補
  • 経済
  • 総選挙
  • 翌年
  • 自由
  • 落選
  • 親類
  • 退去
  • 逮捕
  • 野党
  • 青年期