生年月日データベース

シュテフィ・グラフSteffi Graf

プロテニス選手[ドイツ]

1969年 6月14日

シュテフィ・グラフ - ウィキペディアより引用

シュテフィ・グラフ(Steffi Graf, 1969年6月14日 - )は、旧西ドイツ・マンハイム出身の女子プロテニス選手。
本名は「シュテファニー・マリーア・グラーフ」(Stefanie Maria Graf)。
卓越したフットワークに加え、力強いフラット系のフォアハンドとよく滑るバックハンド・スライスを武器に、ボリス・ベッカーと、ドイツテニス界の黄金時代を築いたスター選手である。
WTAツアーで女子歴代3位のシングルス107勝、ダブルス11勝。
女子国別対抗戦・フェドカップ(旧名称「フェデレーション・カップ」)の西ドイツ代表(東西ドイツ再統一が実現した1990年以後は、統一ドイツ代表)としても、1987年と1992年の2度優勝を飾っている。
グランドスラムでは女子歴代2位・オープン化以降1位となる22勝を挙げた。
世界ランキング1位の在位記録は通算「377週」で、これは男女を通じての史上最長記録である。
また、年間ゴールデン・スラムを達成した史上唯一のテニスプレーヤーでもある。
現役引退後の2001年10月22日にアンドレ・アガシと結婚、2児とともアメリカ・ラスベガス在住。

■ 関連書籍

Steffi Graf 女子プロテニス?選手。1969年6月14日生まれ。旧西ドイツ・ブリュール出身。 本名はStefanie Maria Graf(ステファニー・マリア・グラフ)。 ボリス・ベッカーとともに、ドイツテニス界の黄金時代を築いたスター選手。 ドイツではフロイライン・フォアハンド(フォアハンド嬢)と呼ばれた。 1982年10月、13歳4ヶ月の若さでプロ契約。1987年6月5日に全仏オープン決勝戦でマルチナ・ナブラチロワを破り4大大会初優勝。その年の8月16日に世界ランキング1位となり、1991年3月11日まで186週連続世界1位の座を保持した。 1988年に19歳で女子テニス史上3人目のグランドスラムを達成。この年のソウルオリンピックでも金メダルを獲得し、「ゴールデンスラム」と命名される。 1997年2月2日に東京体育館の「東レ・パン・パシフィックテニス」にて左膝の故障が悪化し、マルチナ・ヒンギスとの決勝を辞退。同年3月31日、そのヒンギスに世界ランキング1位の座を明け渡し、全仏オープンで準々決勝敗退。直後に左膝の手術を受ける。 1999年6月5日の全仏オープン決勝戦でヒンギスとの“新旧女王対決”を制し、最後の4大大会優勝(22勝目)を飾る。この年のウィンブルドン決勝でリンゼイ・ダベンポートに敗れ、8月13日に世界ランキング3位で現役を引退。4大大会優勝の女子歴代1位記録保持者マーガレット・スミス・コートの24勝に“あと2”追いつけなかった。 2001年10月22日にアンドレ・アガシ選手と結婚。 2004年7月11日に国際テニス殿堂?入り。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • テニス
  • ドイツ
  • 女子
  • カップ
  • 統一
  • アガシ
  • アンドレ
  • グランドスラム
  • フェド
  • ベッカー
  • ボリス
  • 世界
  • 代表
  • 児童期
  • 台頭
  • 史上
  • 国際
  • 歴代
  • 殿堂
  • 神童
  • 記録
  • これ
  • アメリカ
  • オープン
  • グラーフ
  • ゴールデン
  • シュテファニー
  • シングルス
  • スター
  • スライス
  • スラム
  • スルー
  • ダブルス
  • ツアー
  • トップ
  • バックハンド
  • フェデレーション
  • フォアハンド
  • フットワーク
  • フラット
  • ブレーク
  • プレーヤー
  • マリーア
  • ラスベガス
  • ランキング
  • 以後
  • 優勝
  • 入り
  • 卓越
  • 協会
  • 名称
  • 唯一
  • 国別
  • 在位
  • 在住
  • 実現
  • 対抗
  • 年間
  • 引退
  • 時代
  • 最長
  • 本名
  • 東西
  • 武器
  • 現役
  • 男女
  • 結婚
  • 西
  • 通算
  • 達成
  • 選手
  • 黄金