生年月日データベース

椎名誠

作家[日本]

1944年 6月14日

椎名 誠(しいな まこと、1944年6月14日 - )は日本の作家、SF作家、エッセイスト、写真家、映画監督。
本名、渡辺 誠(わたなべ まこと)。
旧姓、椎名。
結婚したときに妻の渡辺一枝の姓に合わせ、渡辺姓となった。
一枝もエッセイストで、チベットについての本など、多数の著書がある。
息子の渡辺岳は元ボクサーで、現在は写真家。
娘の渡辺葉は翻訳家でエッセイスト。
1944年、東京都世田谷区三軒茶屋に5人兄弟の三男として生まれる。
父親は公認会計士。
1950年より千葉県印旛郡酒々井町と千葉市幕張に転居。
読書が好きで、SFやナチュラリズム系の本、海外旅行記などを好んで読んだ。
また映画少年でもあり、小学生時代から高校時代に掛けてカメラ小僧であった。
1956年、父が死去。
翌年に中学校入学。
「父親が死ぬとグレなければならないという奇妙な使命感」から不良を目指し始める。
中学時代は喧嘩に明け暮れる。
1960年、中学校を卒業し千葉市立千葉高等学校に入学。
1963年、千葉市立千葉高等学校卒業。
同人誌『幕張じゃーなる』創刊。
1964年、東京写真大学(現・東京工芸大学)に入学。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

しいなまこと [生]1944.6.14.東京小説家,エッセイスト。東京写真大学を中退し,流通業界誌の編集をしながら,1976年,不定期刊の書評誌『本の雑誌』を創刊。79年の『さらば国分寺書店のオババ』に始る「スーパーエッセー」で広く若者の支持を得る。文体は「昭和軽薄体」と呼ばれ,軽薄短小な時代風潮を象徴するもののようにいわれたが,その本質は庶民的な健全さにある。また,作品の背景には,権威を笑い,人のすこやかさを愛するまなざしがある。世界各地を探検したルポルタージュも多く,この旺盛な行動力も人気の要因。ほかに『哀愁の町に霧が降るのだ』(1981),『岳物語』(85),『新橋烏森口青春篇』(87),『ロシアにおけるニタリノフの便座について』(87)など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 世田谷区
  • 作家
  • 写真家
  • 日本語
  • 映画
  • 東京都
  • 監督
  • 編集者
  • 随筆家
  • しいな
  • まこと
  • 不足
  • 伝記
  • 国籍
  • 椎名
  • 職業
  • 言語
  • 誕生