誕生日データベース

レイモン・コパRaymond Kopaszewski

男子サッカー選手[フランス]

2017年 3月3日 死去享年87歳
レイモン・コパ - ウィキペディアより引用
レイモン・コパゼフスキー(Raymond Kopaszewski、1931年10月13日 - )はフランス出身のサッカー選手。
ポーランド系。
ポジションはFW、MF。
愛称は『ナポレオン』。
1950〜60年代のフランスサッカー界のスター選手であり、フランス人サッカー選手として初めてレジオンドヌール勲章を受章した。
地元のクラブであるUSヌー・レ・ミネで頭角を現し、1949年にリーグ・ドゥ所属のアンジェSCOとプロ契約。
1951年にスタッド・ランスに移籍し、そこで2度のリーグ・アン優勝を成し遂げる。
1952年10月5日の西ドイツ戦で、フランス代表としてもデビューした。
1956年チャンピオンズカップ決勝戦でレアル・マドリードと対戦。
惜しくも敗れたが、その活躍がレアル・マドリードの首脳陣の目に留まる。
翌シーズン、アルフレッド・ディ・ステファノがスペイン国籍を取得したことによってレアル・マドリードの外国人枠に空きができ、同クラブへと移籍。
デビュー戦でもある10月に行われたFCソショーとの親善試合では、14-1という結果を残した。
連想語句
タイトル成績サッカー選手クラブチームナポレオンヌーポーランドミーヌレジオンドヌール代表個人勲章炭坑炭鉱スターフォワードフランスフランス人ボナパルトポジションミッドフィールダー事故仕事加入労働受章地元平行愛称

↑ PAGE TOP