生年月日データベース

アトル・セルバークAtle Selberg

数学者[ノルウェー]

1917年 6月14日

アトル・セルバーク - ウィキペディアより引用

『アトル・セルバーグ』より : アトル・セルバーク(Atle Selberg, 1917年6月14日 - 2007年8月6日 )はノルウェーの数学者。
解析的整数論や保型函数における業績で有名、特にそれらをスペクトル理論によって関連付けた。
父や兄のHenrik(1904-1993)、Sigmund(1910-1994)も数学者。
ノルウェー時代 ノルウェーのLangesundに九人兄弟姉妹の末子として生まれる。
少年期の逸話として、14歳の時にヨハン・ベルヌーイによる(1697)とされる一公式 \sum_{n=1}^\infty n^{-n} = \int_0^1 x^{-x} dx\quad\quad(=1.291285997...)を独力で発見したというものがある。
すでに大学入学前には、最初の論文を執筆していた。
学生の時分よりラマヌジャンの仕事に影響を受け、其論文をヒントに、自身の告白によれば、二十歳の頃ラーデマッハーとは独立に分割数の解析的表現を発見したという。

連想語句
  • ノルウェー
  • 時代
  • ノート
  • ベルヌーイ
  • ヨハン
  • 全集
  • 研究所
  • 論文
  • 関連
  • 高等
  • それら
  • スペクトル
  • 兄弟
  • 公式
  • 函数
  • 姉妹
  • 少年期
  • 数学者
  • 整数
  • 有名
  • 末子
  • 業績
  • 理論
  • 解析
  • 逸話