誕生日データベース

トーマス・栗原とーますくりはら

映画監督俳優[日本]

1885年 1月24日

1926年 9月8日 死去享年42歳
トーマス・栗原(-くりはら、本名喜三郎、-きさぶろう、1885年1月24日 - 1926年9月8日)は、ハリウッドで活躍した日本人俳優であり、帰国してわずか1年数か月で30本の作品を残した無声映画時代の日本の映画監督である。
栗原 トーマスとも。
来歴・人物 1885年(明治18年)1月24日、神奈川県中郡秦野町(現在の同県秦野市)に、材木商の子として生まれる。
父の事業の失敗を見て、単身渡米。
1912年(明治45年)、27歳のときに映画俳優養成所に入り、エキストラとして映画出演後、トマス・H・インスが設立したアジア系俳優に特化した「オリエンタル・プロダクション」に入る。
早川雪洲、青木鶴子、木野五郎らと東洋を題材とした映画に多数出演する。
特に、桜島噴火を扱った『火の海』の予言者は当たり役となった。
日本での映画製作を志し、1918年(大正7年)、帰国する。
1920年(大正9年)4月、35歳のとき、知人の浅野良三(浅野財閥創始者の子息)が横浜・山下町に設立した、「撮影所」をもつ映画会社・大正活動写真(のちの大正活映)に、撮影所長兼監督として入社する。

■ 関連書籍

連想語句
  • 映画
  • 俳優
  • インス
  • トマス
  • フィルモグラフィ
  • 中郡
  • 事項
  • 五郎
  • 出演
  • 帰国
  • 日本
  • 早川雪洲
  • 明治
  • 木野
  • 桜島
  • 無声
  • 監督
  • 神奈川県
  • 秦野
  • 秦野市
  • 関連
  • 青木
  • 鶴子
  • とき
  • アジア
  • エキストラ
  • オリエンタル
  • トーマス
  • プロダクション
  • 予言者
  • 事業
  • 作品
  • 単身
  • 同県
  • 噴火
  • 多数
  • 大正
  • 失敗
  • 当たり役
  • 時代
  • 材木
  • 東洋
  • 栗原
  • 渡米
  • 特化
  • 現在
  • 製作
  • 設立
  • 題材
  • 養成所