誕生日データベース

西城正三さいじょうしょうぞう

元プロボクシング選手、俳優[日本]

1947年 1月28日

西城 正三(さいじょう しょうぞう、男性、1947年(昭和22年)1月28日 - )は、日本の元プロボクサー。
ボクシング第18代WBA世界フェザー級王者。
埼玉県北足立郡鳩ヶ谷町(現・川口市)出身。
身長171cm。
大場政夫、沼田義明、小林弘、柴田国明らと共に当時日本人現役世界王者が5人同時にいたという日本ボクシング黄金時代を彩った一人。
協栄ボクシングジムから海老原博幸以来二人目の世界王者となった。
日本プロスポーツ大賞の初代大賞受賞者。
日本人として初めて海外での世界王座奪取に成功した。
端整な顔立ちと、無名の新人が一夜明けたら世界王者になっていたという出来事からシンデレラ・ボーイと呼ばれた。
野口ボクシングジムで小学生の頃からベビーボクシングに取り組み、中学卒業後、実兄たるトレーナー西条正右とジムの先輩金平正紀が興した協栄ボクシングジム(当時・金平ボクシングジム)に入門し、1964年(昭和39年)8月13日にプロデビュー。

■ 映像作品

連想語句
  • ボクシング
  • 世界
  • 日本
  • 王者
  • プロ
  • 大賞
  • ジム
  • スポーツ
  • タイトル
  • フェザー級
  • 出演
  • 北足立郡
  • 協栄
  • 埼玉県
  • 大場政夫
  • 小林弘
  • 川口市
  • 戦績
  • 日本人
  • 映画
  • 時代
  • 柴田国明
  • 沼田義明
  • 海老原博幸
  • 獲得
  • 関連
  • 黄金
  • クサー
  • シンデレラ
  • ボーイ
  • 一人
  • 一夜
  • 二人目
  • 出来事
  • 出身
  • 初代
  • 協会
  • 受賞者
  • 奪取
  • 当時
  • 成功
  • 新人
  • 海外
  • 無名
  • 王座
  • 現役
  • 端整
  • 顔立ち
  • 鳩ヶ谷
  • 鳩ヶ谷市