誕生日データベース

桑山正一くわやましょういち

俳優演出家[日本]

1922年 8月16日

1983年 9月4日 死去享年62歳

桑山 正一(くわやま しょういち、本名の読みは「まさかず」、1922年8月16日 - 1983年9月4日)は、昭和期の俳優・演出家。
元・劇団民衆舞台所属。
2男1女《長男・桑山正道(舞台監督・舞台プロデューサー)次男・桑山和之(映画プロデューサー)》 来歴・人物 東京市本所区(現在の東京都墨田区)出身。
1943年に日本映画学校演技科を卒業し、戦争中は砲兵隊に所属して終戦時には仏領インドシナ(現ベトナム)で武装解除になり捕虜となる。
戦後は木下順二が主宰する劇団「ぶどうの会」に参加。
劇団の創立メンバーとして、看板女優・山本安英の主演による『夕鶴』の与ひょう役をはじめ数々の舞台に出演した。
ぶどうの会解散後の1965年には自身が代表を務める「民衆舞台」を創設する。
主任演出家も兼ねた座長として演劇活動を続ける。
主な舞台として「敗戦シリーズ」でメッセージ性の強い作品と「民話の囲炉裏寄席」としてぶどうの会の流れをくむ作品を手がける。
また映画やテレビドラマにも数多く出演。
飄々とした善役から憎々しい悪役まで、幅広い役柄を演じる個性派の名バイプレイヤーとして活躍した。

■ 映像作品

連想語句
  • 舞台
  • 映画
  • 桑山
  • アニメ
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • バラエティ
  • プロデューサー
  • ラジオ
  • 人形劇
  • 出演
  • 劇団
  • 和之
  • 墨田区
  • 東京
  • 東京都
  • 正道
  • 民衆
  • 番組
  • 出身
  • 所属
  • 日本
  • 本所
  • 次男
  • 現在
  • 舞台監督
  • 長男