生年月日データベース

ルイーズ・ブルックスLouise Brooks

女優[アメリカ]

1906年 11月14日

1985年 8月8日 死去享年80歳
ルイーズ・ブルックス - ウィキペディアより引用

芸名 ルイーズ・ブルックスLouise Brooks
本名 Mary Louise Brooks
出生地 カンザス州Cherryvale
生年 1906
生月 11
生日 14
没年 1985
没月 8
没日 8
職業
活動期間
配偶者 A. Edward Sutherland (1926-1927)Deering Davis (1933)
家族
公式サイト
主な作品
備考
ルイーズ・ブルックス(Louise Brooks, 1906年11月14日 - 1985年8月8日)は、アメリカ合衆国カンザス州出身の女優。
1920年代、サイレント映画で活躍した。
おかっぱの黒髪がトレードマークであった。

早い時期からエンターテインメント業界に関心を示し、10代からダンサーとして活躍。
ブロードウェイの舞台『ジーグフェルド・フォーリーズ』に出演、注目されるようになる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

Louise Brooks  アメリカの映画女優(1906-85)  1906年11月14日、カンザス州チェリーヴェイル生まれ。  1922年にニューヨークに行き、ダンススクールに通う。  1925年にフォリーズに出演し始める。同年、『或る乞食の話』で映画デビュー。  1926年、『チョビ髯大将』の監督エドワード・サザーランドと結婚。1928年離婚。  1928年、ドイツに渡り、『パンドラの箱』、『淪落の女の日記』に出演。  1929年、パリで『ミス・ヨーロッパ』に出演。  1933年、ダンサーのディーリング・デイヴィスと結婚したが翌年離婚。  1950年代にフランスで『パンドラの箱』の再評価がなされ、カルト的な人気を確立。  1982年、著書『ハリウッドのルル』上梓。  1985年8月8日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • キャリア
  • ヨーロッパ
  • 引退
  • アウグスト
  • アメリカ
  • カンザス州
  • シンボル
  • ジェニーナ
  • セクシャリティ
  • パンドラの箱
  • パープスト
  • フラッパー
  • 初期
  • 女優
  • 監督
  • 私生活
  • 結婚生活
  • 評価
  • カット
  • ゲオルク
  • サイレント
  • ダンサー
  • トーキー
  • ハリウッド
  • ブルックス
  • ボブ
  • ミス
  • ルル
  • ヴィルヘルム
  • 出演
  • 出版
  • 出身
  • 原因
  • 回想
  • 心臓
  • 日記
  • 時代
  • 淪落
  • 発作
  • 製作
  • 象徴