生年月日データベース

和歌森太郎わかもりたろう

歴史学者、民俗学者[日本]

1915年 6月13日

1977年 4月7日 死去享年63歳

和歌森 太郎(わかもり たろう、1915年(大正4年)6月13日 - 1977年(昭和52年)4月7日)は歴史家 歴史学者、民俗学者。
専門は日本の民衆史・修験道史。
千葉県出身。

東京都立戸山高等学校 東京府立第四中学校、東京文理科大学国史学専攻卒業。
戦前は国民精神文化研究所に籍を置き、堀一郎や萩原龍夫らとともに国民の信仰生活に関する調査を実施。
その後東京文理科大学および東京教育大学教授。
筑波大学構想に反対して同大学を去り、1976年から逝去する1977年まで、都留文科大学学長。
東京教育大学名誉教授。

歴史学者の松本彦次郎(古代および中世庶民史)、肥後和男(文化史)などに教えを受け、修験道史研究の第一人者となる。
一方では西田直二郎門下である肥後国 肥後の文化史、および1941年から師事した柳田国男の民俗学の影響を受け、従来の文献資料に民俗資料を取り込んだ歴史民俗学的研究を開拓。
教鞭をとった東京教育大学文学部日本史学専攻では桜井徳太郎(民間信仰史)とともに古代史講座に属し、史学方法論専攻と連携しつつ多くの研究者を育てた。
現在に至るまで日本の民俗学界をリードするその流れは「東京教育大学派」と称され、村落の歴史や庶民の生活史を実証的に記述することに特徴を持つ。

■ 関連書籍

わかもり-たろう 1915-1977昭和時代の日本史学者,民俗学者。大正4年6月13日生まれ。昭和25年東京教育大教授。同大の筑波(つくば)移転に反対して51年退官し,都留文科大学長となる。日本民俗学会代表理事,日本風俗学会理事長などを歴任。昭和52年4月7日死去。61歳。千葉県出身。東京文理大卒。筆名に若木林太郎。著作に「修験道史研究」「歴史と民俗学」「相撲(すもう)今むかし」。 (引用元 コトバンク)

「和歌森太郎」と関連する人物

連想語句
  • 東京
  • 大学
  • 学校
  • 学者
  • 高等
  • 主著
  • 修験道
  • 共著
  • 千葉県
  • 卒業
  • 国民
  • 師範
  • 教育
  • 文化
  • 文理科
  • 日本
  • 民俗
  • 研究所
  • 精神
  • 論文
  • 銚子町
  • 関連書
  • 中学校
  • 助手
  • 史学
  • 名誉教授
  • 専攻
  • 専門
  • 府立
  • 東京都
  • 歴史
  • 歴史家
  • 民衆
  • 立戸