生年月日データベース

大仁邦彌だいにくにや

男子サッカー選手、日本サッカー協会名誉会長[日本]

1944年 10月12日 生 (満73歳)

大仁 邦彌(だいに くにや、1944年10月12日 - )は、兵庫県出身のサッカー選手、サッカー指導者。
日本サッカー協会名誉会長。
千葉県銚子市生まれ。
神戸市立本山中でサッカーを始め、神戸高校を卒業後1年の浪人を経て慶應義塾大学に入学。
激しいマークを持ち味とするディフェンダー(右サイドバック)として活躍。
2年留年のため6年間在籍し、関東大学サッカーリーグでは6年連続全試合出場。
卒業後は三菱重工に進み日本リーグ、天皇杯での優勝を経験。
日本代表としても44試合に出場した。
現役通算212試合で1得点を挙げている。
現役引退後は指導者となり、日本代表コーチや三菱重工サッカー部監督などを歴任。
三菱重工監督時代の1989年にはチーム史上初の2部落ちを経験している。
この責任をとって監督を辞任し、社業に専念。
新設されたレジャー流通施設部に配属され、福岡ドームや横浜アリーナいなどのスタジアムの開閉式屋根や可動席、人工降雪機などの装置を売る営業マンとして従事した。

サッカー選手、サッカー指導者。現・日本サッカー協会会長。現役時のポジションはディフェンダー。 1944年10月12日生まれ。兵庫県出身。 兵庫県立神戸高等学校から慶應義塾大学を経て、1970年に三菱重工業に入社。 ディフェンスの中心として、日本サッカーリーグ優勝2度、天皇杯全日本サッカー選手権優勝3度、JSLカップ優勝1度を経験。三菱重工業サッカー部の黄金時代を支える。日本サッカーリーグ通算119試合出場1得点4アシスト。 サッカー日本代表でも1972年から1977年まで、国際Aマッチ44試合出場、主将も務めた。 現役引退後、日本代表コーチ、三菱重工業サッカー部監督を経て、1992年より日本サッカー協会施設委員会委員長、アジアサッカー連盟セキュリティー委員などを歴任。 1996年4月、日本サッカー協会強化委員長に就任。 1998年7月、技術委員長に就任。 1999年9月からは2002年強化推進本部副本部長を務める。 2006年7月、日本サッカー協会副会長に就任。 2012年6月、第13代日本サッカー協会会長に就任。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 成績
  • 注釈
  • アギーレ
  • クラブ
  • 代表
  • 会長
  • 個人
  • 兵庫県
  • 出場
  • 問題
  • 大会
  • 家族
  • 役員
  • 所属
  • 指導
  • 日本サッカー協会
  • 発言
  • 監督
  • 神戸市
  • 続投
  • 試合
  • 兄弟
  • 名誉
  • 末っ子