誕生日データベース

片桐且元かたぎりかつもと

戦国武将[日本]

(弘治2年生)
1615年 6月24日 死去享年60歳
片桐且元 - ウィキペディアより引用
片桐 且元(かたぎり かつもと)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。
賤ヶ岳の七本槍のひとり。
豊臣家より豊臣姓を許される。
大和国 竜田藩初代藩主。
且元系片桐家初代。
関ヶ原の戦い以降、徳川家康に協力的な立場で豊臣秀頼に仕えていた。
父は浅井氏家臣の片桐直貞、母は不詳。
弟に大和国小泉藩主となった片桐貞隆がいる。
諱 天正12年(1584年)における小牧・長久手の戦いの6月5日付けの陣立書まで確認できるように、豊臣秀吉からは長らく助作と呼ばれていた。
翌天正13年(1585年)7月1日、従五位下・東市正に任じられた際より、直盛の使用が確認される。
且元の使用は、慶長5年(1600年)9月の関ヶ原の戦いの始まる前の頃と考えられている。
この記事においては便宜上、名を且元に統一する。
生涯 出生 近江国浅井郡須賀谷(滋賀県長浜市須賀谷)の浅井氏配下の国人領主・片桐直貞の長男として生まれる。
信濃源氏の名族片桐氏は伊那在郷の鎌倉御家人だったが、本流が片桐郷に残る一方、支流は承久年間以降に美濃・近江に進出、戦国大名化した浅井氏に仕えるようになったのは直貞の代からという。

■ 関連書籍

タイトル
片桐且元 (人物叢書)
著者
曽根勇二
発売元
吉川弘文館
発売日
2001-02-01
新品価格
¥ 2,052 より
中古商品
¥ 906 より
タイトル
片桐且元: 豊臣家の命運を背負った武将
著者
発売元
長浜市長浜城歴史博物館
発売日
2015-07-21
新品価格
¥ 1,944 より
中古商品
¥ 800 より
タイトル
羽柴家崩壊:茶々と片桐且元の懊悩 (中世から近世へ)
著者
黒田基樹
発売元
平凡社
発売日
2017-07-24
新品価格
¥ 1,836 より
中古商品
¥ 905 より
タイトル
片桐且元
著者
発売元
小学館
発売日
2000-09
新品価格
より
中古商品
¥ 245 より
タイトル
大坂の陣・人物列伝「片桐且元・徳川秀忠・阿茶局・常高院」 (歴史群像デジタルアーカイブス)
著者
永岡慶之助
発売元
学研プラス
発売日
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
対決‼ 片桐且元 家康 真説 大坂の陣 (竹書房文庫)
著者
発売元
竹書房
発売日
2014-07-24
新品価格
¥ 13,398 より
中古商品
¥ 1,014 より
タイトル
片桐且元 (小学館文庫)
著者
発売元
小学館
発売日
2004-10-01
新品価格
より
中古商品
¥ 466 より
タイトル
決戦!賤ヶ岳
著者
天野純希
発売元
講談社
発売日
2017-11-21
新品価格
¥ 1,728 より
中古商品
¥ 800 より
タイトル
片桐且元―且元と湖北における社寺復興 秀吉政権を支えた近江衆1 (1984年) (市立長浜城歴史博物館企画展示〈no.6〉―秀吉と長浜〈3〉)
著者
長浜城歴史博物館
発売元
発売日
1984-04
新品価格
より
中古商品
より
タイトル
大坂城の男たち――近世実録が描く英雄像
著者
高橋圭一
発売元
岩波書店
発売日
2011-02-24
新品価格
¥ 3,240 より
中古商品
¥ 841 より
連想語句
事件方広寺鐘銘戦い直参豊臣家出典出生初代和国大坂の陣大坂城家老小泉徳川家康注釈片桐貞隆生涯秀吉竜田評価豊臣豊臣秀頼賤ヶ岳逸話関ヶ原一人且元以降同国家臣徳川片桐立場藩主退出

↑ PAGE TOP