生年月日データベース

マハティール・ビン・モハマドMahathir bin Mohamad

政治家、元首相[マレーシア]

1925年 7月10日

マハティール・ビン・モハマド - ウィキペディアより引用

マハティール・ビン・モハマド(Mahathir bin Mohamad、1925年7月10日/12月20日 - )は、マレーシアの政治家、医師。
マレーシア第4代首相。
マレーシアの首相の中では最長の22年間を務めた。
開業医から政治家に転じ、欧米諸国ではなく、日本の経済成長を見習おうというルックイースト政策をはじめ、長期に及ぶ強力なリーダーシップにより、マレーシアの国力を飛躍的に増大させた。
生い立ち 1925年7月10日、英領マラヤ時代のマレー半島北部クダ州の州都アロースターに、9人兄弟の末っ子 の マレー人として生まれた。
父はインドのケララ州から移住してきたイスラム教徒の家系の出身で、アロースターに出来た最初の英語学校の校長だった。
当時のクダ州はイギリス支配下であった。
ただし、「植民地」ではなく、スルターンにある程度の権限が残されている「保護領」であり、マハティールによれば、住民は概ねイギリス統治下の生活に満足していたとされる。

■ 関連書籍

Mahathir Bin Mohamad(マハティール・ビン・モハマド) 政治家、元マレーシア首相 1925年、マレーシア北部ケダ州生まれ。 エドワード7世医科大学卒。在学中の1946年、統一マレー国民組織(UMNO)の発足に携わり政治活動を開始。 1981年から2003年10月まで首相在任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • マハティール
  • 政権
  • 首相
  • イースト
  • ルック
  • 政策
  • マレーシア
  • ラーマン
  • ワワサン
  • 事件
  • 医師
  • 同国
  • 国会議員
  • 就任
  • 復帰
  • 批判
  • 政治
  • 日本
  • 構想
  • 欧米
  • 活動
  • 独立
  • 運動
  • 開始
  • リーダーシップ
  • 国力
  • 増大
  • 強力
  • 成長
  • 政治家
  • 最長
  • 現在
  • 経済
  • 諸国
  • 長期
  • 開業医