生年月日データベース

桐竹勘十郎きりたけかんじゅうろう

浄瑠璃人形遣い・三代目[日本]

1953年 3月1日

■ 映像作品

■ 関連書籍

きりたけかんじゅうろう(1920―1986) 文楽(ぶんらく)人形遣い。本名宮永豊。佐賀県唐津(からつ)生まれ。12歳で2世桐竹紋十郎に入門、紋昇を名のり翌年に東京劇場『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』の峰松で初舞台。第二次世界大戦後の文楽の二派分裂で師匠とともに三和(みつわ)会に属し、立役(たちやく)の中心的存在として頭角を現し、1951年(昭和26)2世勘十郎を襲名した。切れのよい技と肚(はら)の強さで立役とくに荒物(あらもの)遣いの第一人者。82年重要無形文化財保持者に認定された。長男豊実(1953―)は1967年3世吉田簑助(みのすけ)に入門し、吉田簑太郎を名のる。68年初舞台。立役、女形両方を遣う。2003年(平成15)3世勘十郎を襲名した。なお、初世は16世紀末から17世紀にかけての人形の立役者で、桐竹派の祖とされるが、さだかでない。[山田庄一][参照項目]|人形浄瑠璃 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 初代
  • 三林京子
  • 不詳
  • 人形遣い
  • 人間国宝
  • 佐賀県
  • 唐津市
  • 文化財
  • 時代
  • 桐竹
  • 桐竹紋十郎
  • 江戸時代
  • 無形
  • 生没
  • 立ち役
  • 重要
  • 人気
  • 保持者
  • 優秀
  • 元禄時代
  • 入門
  • 初舞台
  • 創始者
  • 劇場
  • 勘十郎
  • 卒業
  • 受賞
  • 国立
  • 天和
  • 女優
  • 宮永
  • 延宝
  • 本名
  • 活動
  • 荒物
  • 虎屋
  • 襲名
  • 認定
  • 高校