生年月日データベース

大野将平おおのしょうへい

柔道[日本]

1992年 2月3日

大野将平 - 柔道家

大野 将平(おおの しょうへい、1992年2月3日 - )は、山口県山口市出身の日本の柔道選手。
階級は73kg級。
身長170cm。
血液型はO型。
組み手は右組み。
段位は四段。
得意技は大外刈と内股。
現在は旭化成に所属。
柔道は7歳の時に松美柔道スポーツ少年団で始めた。
道場の2年先輩には後に無差別の世界チャンピオンとなる上川大樹がいた。
その後、2歳上の兄である哲也を追って上京すると、講道学舎の所属となった。
世田谷区立弦巻中学校から世田谷学園高校へ進むと、2年の時にはインターハイ73kg級で森下純平を破って優勝を果たした。
天理大学1年の時にはグランドスラム・東京に出場して5位となった。
2年になると全日本ジュニアで優勝した。
そして世界ジュニアでも優勝を果たした。
2012年2月にはワールドカップ・オーバーヴァルトに出場して、シニアの国際大会初優勝を飾った。
11月には講道館杯決勝で大学の1年後輩である土井健史に内股で一本勝ちして初優勝を飾った。
12月のグランドスラム・東京では、決勝で綜合警備保障の中矢力に一本勝ちしてグランドスラム大会初優勝を飾った。

■ 関連書籍

日本の柔道選手。1992年2月3日生まれ。山口県山口市出身。天理大学卒業。 2016年のリオデジャネイロ・オリンピックの柔道男子73kg級において金メダルを獲得した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 大学
  • 時代
  • 柔道
  • スタイル
  • ランキング
  • 世界
  • 内股
  • 名鑑
  • 問題
  • 大外刈
  • 天理大学
  • 旭化成
  • 暴力
  • 社会人
  • 組み手
  • 高校
  • 得意技
  • 所属
  • 段位
  • 現在