生年月日データベース

ジェラール・ウーリーGérard Oury

映画監督俳優脚本家[フランス]

1919年 4月29日

2006年 7月20日 死去享年88歳
ジェラール・ウーリー - ウィキペディアより引用

ジェラール・ウーリー(Gérard Oury、1919年4月29日 - 2006年7月20日)は、フランスの映画監督、俳優、脚本家。
1919年、ヴァイオリニストの父セルジュ・トノンボーと、ジャーナリストの母マルセル・ウーリーのあいだに生まれる。
フランス国立高等演劇学校で演劇を学び、第二次世界大戦が始まる1年前に国立劇団コメディ・フランセーズに入団するも、第二次世界大戦中、ヴィシー政権成立のもとで施行されたユダヤ人迫害法から逃れるためにスイスに移り住む。
1945年から俳優活動を再開して舞台や映画に出演しはじめ、1959年には映画『熱い手』で初監督をつとめる。
その後、コメディアンのブールヴィルとルイ・ド・フュネスを起用して、ウーリーが監督をつとめた1965年の映画『大追跡』は商業的に成功をおさめ、さらに翌年公開された『大進撃』が、1939年の映画『風と共に去りぬ』の持っていたフランス国内観客動員数記録を更新するといった大成功をおさめる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • ヴィシー
  • 世界
  • 俳優
  • 国立
  • 大戦
  • 政権
  • 演劇
  • コメディ
  • スイス
  • フィルモグラフィ
  • フランス
  • フランセーズ
  • ブールヴィル
  • ユダヤ人
  • 学校
  • 映画
  • 脚本家
  • 高等
  • あいだ
  • もと
  • ウーリー
  • コメディアン
  • ジャーナリスト
  • セルジュ
  • トノンボー
  • マルセル
  • ヴァイオリニスト
  • 入団
  • 再開
  • 出演
  • 初監督
  • 劇団
  • 外来者
  • 成立
  • 施行
  • 活動
  • 舞台
  • 迫害