誕生日データベース

ダミアーノ・ダミアーニDamiano Damiani

映画監督脚本家[イタリア]

1922年 7月23日

2013年 3月7日 死去享年92歳
ダミアーノ・ダミアーニ(Damiano Damiani, 1922年7月23日 - 2013年3月7日)はイタリアの映画監督、脚本家。
マフィアや政治腐敗などイタリアの社会問題をテーマにしたサスペンス映画を数多く発表したことで知られる。
ミラノの美術学校を卒業後に、映画の美術スタッフとしてイタリア映画界入り。
その後、劇映画の脚本執筆や短編ドキュメンタリー映画の監督を務める。
1960年に初の長編劇映画『くち紅』(1960年)を監督。
ネオレアリズモの影響を受け継ぐ社会派サスペンス映画の傑作として高く評価された。
監督第3作『禁じられた恋の島』 L'isola di Arturo(1962年)ではエルサ・モランテの同名の小説を映画化して大ヒット。
この映画でサン・セバスチャン国際映画祭グランプリを受賞する。
続く『禁じられた抱擁』 La noia(1963年)ではアルベルト・モラヴィアの小説「倦怠」を映画化するが、こちらの評判は芳しくなかった。

■ 映像作品

■ 音楽作品

「ダミアーノ・ダミアーニ」と関連する人物

連想語句
  • 映画
  • モラヴィア
  • サスペンス
  • 小説
  • 監督
  • アルベルト
  • イタリア
  • エルサ
  • サン
  • セバスチャン
  • ネオ
  • マフィア
  • ミラノ
  • モランテ
  • レアリズモ
  • 作品
  • 劇映画
  • 国際
  • 社会
  • 美術
  • 関連
  • '
  • こちら
  • グランプリ
  • スタッフ
  • ダミアーニ
  • テーマ
  • ドキュメンタリー
  • ヒット
  • 倦怠
  • 傑作
  • 傾倒
  • 卒業
  • 受賞
  • 問題
  • 執筆
  • 学校
  • 影響
  • 後年
  • 後退
  • 抱擁
  • 政治
  • 文学
  • 発表
  • 短編
  • 脚本
  • 脚本家
  • 腐敗
  • 評価
  • 評判
  • 長編