誕生日データベース

落合真理おちあいまり

元バレーボール選手、スポーツキャスター、タレント[日本]

1982年 1月4日

落合真理 - 元バレーボール選手、スポーツキャスター、タレント
落合 真理(おちあい まり、1982年1月4日 - )は、日本の元女子バレーボール(元全日本代表)選手。
スポーツキャスター・タレント。
ケイブロス所属。
東京都板橋区出身。
ニックネームはマリ。
血液型O型。
父が監督を務める小学生バレーボールチームで、小学校3年生よりバレーボールを始める。
成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)では春高バレーに主将として出場。
1999年世界ユース選手権に主将として出場し優勝に貢献。
全日本代表候補にも選ばれ「天才少女」と呼ばれた。
2000年、日立ベルフィーユに入部するが1年で廃部し、久光製薬スプリングスに移籍したが、直後に左膝半月板損傷と内臓系の手術を行い、半年以上に及ぶリハビリを経て復帰した。
2005年第11回Vリーグから主将としてチームをまとめ、自身もレギュラーを獲得。
2006-2007年プレミアリーグ優勝、2007年4月、日韓V.LEAGUE TOP MATCH大会2連覇、同年5月、第56回黒鷲旗全日本選手権大会2連覇と、チームのシーズン3冠達成を牽引した。
連想語句
  • バレーボール
  • 主将
  • 全日本
  • 成徳
  • エピソード
  • キャスター
  • ケイブ
  • スポーツ
  • タレント
  • テレビ
  • ロス
  • 下北沢
  • 代表
  • 優勝
  • 出場
  • 出演
  • 女子
  • 学校
  • 東京都
  • 板橋区
  • 球歴
  • 高等
  • チーム
  • ニックネーム
  • バレー
  • ベルフィーユ
  • マリ
  • ユース
  • 世界
  • 候補
  • 全国
  • 出身
  • 大会
  • 天才
  • 学園高校
  • 小学校
  • 小学生
  • 少女
  • 所属
  • 日立
  • 春高
  • 監督
  • 貢献
  • 選手
  • 選手権
  • 選抜
  • 高校