誕生日データベース

高田ありさたかだありさ

バレーボール選手[日本]

1987年 2月17日

高田ありさ - バレーボール選手
高田 ありさ(たかだ ありさ、女性、1987年2月17日 - )は、日本のバレーボール選手。
長崎県長崎市出身。
ニックネームはサリ、アリサ。
プレミアリーグの東レ・アローズに所属していた。
母親がママさんバレーをしていた影響で小学3年よりバレーボールを始める。
九州文化学園高校では、センタープレーヤーとして春高バレー・インターハイ・国体の高校3冠達成の原動力として貢献、2004年アジアジュニア選手権準優勝、世界ジュニア選手権を経験した。
2005年4月、東レアローズに入団。
同期に木村沙織、佐藤美耶がいる。
当初はセンターとして入団したが、身長がない為にセンターを断念。
ライトプレーヤーに転向した。
主に後衛での守備固めや苦しい場面での起用で流れを変えるスーパーサブの活躍を見せ、2007/08シーズンから2009/10シーズンにかけてのVプレミアリーグで3連覇を果たした。
2010年V・サマーリーグ、近畿総合選手権大会でMVPを受賞した。
2011-12Vプレミアリーグはレフトポジション(木村沙織の対角)のレギュラーとして、安定したサーブレシーブでチーム優勝に大きく貢献した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • バレーボール
  • アローズ
  • 学校
  • 所属
  • 東レ
  • 高等
  • ジュニア
  • チーム
  • バレー
  • プレミア
  • リーグ
  • 九州
  • 体育大会
  • 個人
  • 全国
  • 受賞歴
  • 大会
  • 成績
  • 文化
  • 球歴
  • 選手権
  • 長崎市
  • アジア
  • アリサ
  • インターハイ
  • サリ
  • センター
  • ニックネーム
  • プレーヤー
  • ママ
  • 世界
  • 優勝
  • 出身
  • 原動力
  • 国体
  • 国民
  • 女子
  • 学園
  • 学園高校
  • 小学
  • 影響
  • 春高
  • 母親
  • 準優勝
  • 競技
  • 経験
  • 総合
  • 貢献
  • 達成
  • 選抜
  • 高校