生年月日データベース

石川数正いしかわかずまさ

戦国大名、天文2年生[日本]

1533年

没年不詳
石川数正 - ウィキペディアより引用

石川 数正(いしかわ かずまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。
酒井忠次と共に徳川家康の片腕として活躍したが、小牧・長久手の戦いの後に徳川家を出奔して豊臣秀吉に臣従した。
信濃松本藩の初代藩主とすることが通説となっている(『三百藩藩主人名事典』)。
系譜 家系は河内源氏の八幡太郎義家の六男・陸奥六郎義時が河内国壷井(現在の大阪府羽曳野市壷井)の石川荘を相伝し、義時の三男の義基が石川源氏・石川氏の祖となったという。
数正の家は三河国に下った石川氏の与党である。
石川清兼は祖父、石川家成は叔父、石川康通は従弟にあたる。
生涯 家康の懐刀 天文2年(1533年)、石川康正の子として三河国で誕生。
徳川家康が駿河国の大名・今川義元の人質になっていた時代から近侍として仕える。
永禄3年(1560年)、義元が桶狭間の戦いで織田信長に敗死し松平元康(家康)が独立すると、数正は今川氏真と交渉し、当時今川氏の人質であった家康の嫡男・信康と駿府に留め置かれていた家康の正室築山殿を取り戻した。

■ 関連書籍

いしかわかずまさ [生]?美濃[没]文禄2(1593).12.名護屋戦国時代の武将。伯耆守と称した。庸正の子。徳川氏に幼少から仕えて家康に非常にかわいがられた。そのうえ石瀬合戦や姉川の戦い,三方ヶ原の戦い,長篠の戦いで功を立て,重臣として徳川氏家臣団内部に重きをなした。しかし,天正12(1584)年の小牧・長久手の戦いのとき,豊臣秀吉と対陣してその勢力の隆盛なのをみて,翌13年11月家康のもとを去って大坂に走り秀吉に仕え,そこで出雲守と称した。同14年和泉に封じられ,さらに同18年小田原征伐後,信濃松本(8万~10万石)に転封,子康長と松本城の構築に努めた。文禄2(93)年12月,名護屋在陣中病死。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 出奔
  • 出自
  • 生涯
  • 作品
  • 信濃
  • 家康
  • 小牧
  • 小説
  • 徳川家康
  • 懐刀
  • 戦い
  • 映像
  • 松本
  • 理由
  • 登場
  • 豊臣秀吉
  • 酒井忠次
  • 長久手
  • 関連
  • 初代
  • 家系
  • 松本城
  • 活躍
  • 深志城
  • 片腕
  • 臣従
  • 藩主
  • 通説