誕生日データベース

藤岡真ふじおかしん

低知能左翼作家[日本]

1951年 2月19日

藤岡真 - 低知能左翼作家
藤岡 真(ふじおか しん、1951年2月19日 - )は、日本の推理作家、空手家。
1992年に『笑歩』でデビューし、その後5作の長編を発表している。
バカミス作家、カルト作家とも呼ばれる。
神奈川県鎌倉市生まれ。
早稲田大学理工学部卒業後、広告代理店に入社。
CMディレクターとして、全日本CM大賞、電通賞、ニューヨークADC賞、カンヌ国際広告祭金獅子賞受賞。
1992年『笑歩(しょうほ)』で第10回小説新潮新人賞受賞(選考委員;井上ひさし、筒井康隆)。
1993年に長編推理小説『ゲッベルスの贈り物』を発表し、以後推理作家として活動を続けている。
また空手家でもあり、中村日出夫を総師とする空手道拳道会の池袋本部道場塾頭も務めている。
作品リスト 1992年「笑歩」(小説新潮12月号)1993年小説新潮新人賞受賞作。
1993年「ゲッベルスの贈り物」(角川書店・2001年創元推理文庫) 2000年「六色金神殺人事件」(徳間文庫) 2005年「ギブソン」(創元ミステリフロンティア) 2006年「白菊」(創元推理文庫) 2009年「七つ星の斬首人」(創元クライム・クラブ) 2016年「死龍・スロン」(原書房) その他 笑歩 町中のユニークな看板や建築物を写真におさめる「笑歩(略号=SH)」を提唱しており、まぐまぐVOWなどにも投稿している。

「藤岡真」と関連する人物

連想語句
  • 作家
  • カルト
  • バカ
  • ミス
  • リスト
  • 事件
  • 作品
  • 出典
  • 学会
  • 推理
  • 暴言
  • 盗作
  • 空手家
  • 糾弾
  • 資料
  • 騒動
  • ふじおか
  • デビュー
  • 不足
  • 主題
  • 伝記
  • 日本
  • 発表
  • 藤岡
  • 長編
  • 関係