生年月日データベース

川津祐介かわづゆうすけ

俳優[日本]

1935年 5月12日 生 (満83歳)

川津 祐介(かわづ ゆうすけ、1935年5月12日 - )は、日本の俳優である。
来歴・人物 1935年(昭和10年)5月12日、東京府東京市四谷区新宿(現在の東京都新宿区新宿)に生まれる。
慶應義塾大学医学部(その後文転し経済学部を卒業)在学中の1958年(昭和33年)、映画監督木下惠介の勧めもあって同年『この天の虹』(松竹)でスクリーンデビュー。
以後青春スターとして人気を誇る。
松竹退社後はフリーとなり、松竹時代の青春路線とは異なる敵役や癖のある準主役など、様々な役柄を演じた。
1965年(昭和40年)からはテレビドラマ『東京警備指令 ザ・ガードマン』の荒木隊員役や『スパイキャッチャーJ3』の壇俊介役などでアクションスターとしても人気を集める。
『Gメン75』でのバイクでのアクションシーンで、簡単なスタントであったにも関わらず、過度のダイエットが祟り大ケガを負ってしまい、長期入院で番組も降板し、仕事が途絶えてしまうという苦境に立たされた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    化石の荒野 [DVD]
    歌手
    発売元
    ユニバーサル ミュージック
    発売日
    2004年1月28日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 3,600 より

俳優 1935年5月12日東京都生まれ 慶応義塾大学在学中に映画俳優となり、大島渚監督の「青春残酷物語」で脚光をあびる。その後、映画、テレビの他、絵画、陶芸、料理、執筆にとはば広く活躍している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 東京
  • 新宿
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • 出典
  • 出演
  • 医学部
  • 四谷
  • 慶應義塾大学
  • 新宿区
  • 映画
  • 東京都
  • 番組
  • 舞台
  • 著書
  • 昭和
  • 現在