生年月日データベース

大部由美おおべゆみ

女子サッカー選手、指導者[日本]

1975年 2月15日 生 (満43歳)

大部由美 - 元女子サッカー選手、指導者

大部 由美(おおべ ゆみ、1975年2月15日 - )は、日本の元女子サッカー選手で現在はサッカー指導者。
鳥取県境港市出身。
八千代松陰高等学校卒業。
身長167cm。
現役時代のポジションはディフェンダー。
小学生のころ、姉の影響で渡スポーツ少年団で競技を始め、境第三中学校時代にはクラブチームの米子コスモスでプレー。
中学卒業後、日本女子サッカーリーグ(JLSL→L・リーグ)に参入した日興證券ドリームレディースへ入団し、ヤングプレーヤー賞(新人賞)を獲得した。
日興證券廃部に伴い埼玉県にうつり、沖電気女子サッカー部であるOKI FC Windsに入団したが1999年度シーズン終了後に廃部となり退団。
翌2000年、宮城県三本木町(現大崎市)所在のYKK AP東北フラッパーズ (YKK東北女子サッカー部) に移籍した。
女子代表では3バックのディフェンスラインにおけるセンターバックをつとめ、また主将としてチームをまとめた。
2004年アテネオリンピックのアジア地区予選から、代表チームはディフェンダーを4人(4バック)に変更したため試合に出る機会を失っていった。

元女子サッカー選手、指導者。現役時代のポジションはディフェンダー。 1975年2月15日生まれ。鳥取県出身。 1991年、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)に初選出。1996年アトランタオリンピック、2004年アテネオリンピック出場。代表通算85試合出場、6得点。 見たとおり地黒なのだが、そのため「地黒のロベカル」という横断幕が上がったことがある。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 成績
  • 日本
  • サッカー
  • リーグ
  • 日興證券
  • ディフェンダー
  • ドリーム
  • レディース
  • 中学校
  • 代表
  • 個人
  • 八千代
  • 卒業
  • 埼玉県
  • 境港市
  • 女子
  • 学校
  • 指導者
  • 時代
  • 松陰
  • 監督
  • 高等
  • ころ
  • クラブ
  • コスモス
  • スポーツ
  • チーム
  • プレー
  • プレーヤー
  • ポジション
  • ヤング
  • 中学
  • 入団
  • 出身
  • 参入
  • 境港
  • 小学生
  • 少年
  • 市立
  • 廃部
  • 影響
  • 新人
  • 獲得
  • 現役
  • 競技
  • 米子