生年月日データベース

武田勝頼たけだかつより

戦国大名[日本]

(天文15年生)

1546年

(ユリウス暦) 1582年 4月3日 死去自刃享年37歳
武田勝頼 - 戦国大名

武田 勝頼(たけだ かつより) / 諏訪勝頼(すわ かつより)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての甲斐国の戦国大名。
甲斐武田家第20代当主。
通称は四郎。
当初は諏訪氏(高遠諏訪氏)を継いだため、諏訪四郎勝頼、あるいは信濃国伊那谷の高遠城主であったため、伊奈四郎勝頼ともいう。
または、武田四郎、武田四郎勝頼とも言う。
「頼」は諏訪氏の通字で、「勝」は信玄の幼名「勝千代」に由来する偏諱であると考えられている。
父・信玄は足利義昭に官位と偏諱の授与を願ったが、織田信長の圧力によって果たせなかった。
そのため正式な官位はない。
信濃への領国拡大を行った信玄の庶子として生まれ、諏訪氏を継ぎ高遠城主となる。
武田氏の正嫡である武田義信が廃嫡されると継嗣となり、元亀4年(1573年)には信玄の死により家督を相続する。
強硬策を以て領国拡大方針を継承するが、天正3年(1575年)の長篠の戦いにおいて織田・徳川連合軍に大敗したことを契機に領国の動揺を招き、その後の上杉氏との甲越同盟、佐竹氏との甲佐同盟で領国の再建を図り、織田氏との甲江和与も模索し、甲斐本国では新府城への府中移転により領国維持を図るが、織田信長の本格的侵攻(甲州征伐)により、天正10年(1582年)3月11日、嫡男・信勝とともに天目山で自害した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

甲斐国の戦国大名。武田信玄の4男で庶子。四郎。諏訪勝頼。正室は織田信長の養女(姪)の遠山夫人で、子に武田信勝がいる。継室は北条氏康の娘。 母の諏訪御料人は信玄が1542年(天文11年)に滅ぼした諏訪頼重の娘で、勝頼は1561年(永禄5年)に諏訪家を継承し伊那郡高遠城主になったと言われるが、近年は勝頼が継承したのは諏訪宗家ではなく支流の高遠諏訪家であったとも言われる。 1561年(永禄4年)の川中島の戦いから武田家は尾張国の織田信長に接近し、『甲陽軍鑑』では1565年(永禄8年)に勝頼室として信長養女が嫁いだとしている。同年には今川義元の娘を室とする信玄の嫡男武田義信?が自害し義信派の家臣が粛清される事件が起きており、勝頼は武田姓に復して後継者となる。なお、『甲陽軍鑑』では勝頼は信玄の遺言により勝頼嫡男の武田信勝が元服するまでの後見であっあとしている。 1573年(元亀4年)の信玄死後に家督を相続し、1575年(天正3年)の長篠の戦いではで織田・徳川連合軍に大敗する。長篠敗戦後には越後国上杉家との同盟や信長との和睦(甲江和与)を模索するなど外交関係の再編に乗り出し、新府城を築城して国内の防備にも乗り出すが、1582年3月11日に織田・徳川連合軍の侵攻によって自刃し、武田家は滅亡する。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 四郎
  • 諏訪
  • 勝頼
  • 反攻
  • 徳川
  • 武田
  • 織田
  • 偏諱
  • 官位
  • 武田家
  • 世子
  • 伊那谷
  • 信濃
  • 信玄
  • 出生
  • 同盟
  • 和与
  • 大名
  • 家督
  • 後北条氏
  • 御館
  • 徳川氏
  • 戦い
  • 敗戦
  • 概要
  • 模索
  • 生涯
  • 甲江
  • 相続
  • 破綻
  • 築城
  • 織田信長
  • 足利義昭
  • 通称
  • 長篠
  • 長篠の戦い
  • 高遠城
  • 仮名
  • 伊奈
  • 勝千代
  • 圧力
  • 幼名
  • 当主
  • 当初
  • 戦国
  • 授与
  • 正式
  • 滅亡
  • 由来
  • 甲斐
  • 高遠