誕生日データベース

亀山龍樹

翻訳家[日本]

1922年 6月10日

亀山 龍樹(かめやまたつき、1922年6月10日 - 1980年3月23日)は日本の翻訳家、作家。
佐賀県生まれ。
東京帝国大学文学部インド哲学科卒業。
学徒兵として出陣、戦後は白木茂の下訳をし、小谷剛の同人誌『作家』に拠って小説を書いていた。
日本児童文芸家協会理事、少年文芸作家クラブ会長を務める。
表記は亀山竜樹とも。
息子に、写真家の亀山哲郎がいる。
翻訳業の概要 翻訳家としては英文和訳を専門とした。
英語以外の作品は、恐らく他人の翻訳をリライトしたもので、児童文学の世界ではよくあることである。
最初に刊行された訳書はビクター・アップルトン『空中列車地球号』か、もしくはエラリー・クイーン『金色のわしの秘密』である(いずれも1957年)。
以後も英米のジュブナイルの翻訳、一般向けのSF・ミステリ・冒険小説を児童向けに抄訳することを主たる仕事とした。
代表的な訳書にスターリング・ノース『はるかなるわがラスカル』(アニメ「あらいぐまラスカル」の原作)、ギャリコ「ハリスおばさんシリーズ」、ネルスン・ボンド『宇宙人ビッグスの冒険』、ジョン・クリストファー「三本足シリーズ」など。

■ 関連書籍

連想語句
  • 翻訳
  • 児童
  • 作家
  • 概要
  • クラブ
  • ノンフィクション
  • 一般向け
  • 亀山
  • 佐賀県
  • 出典
  • 創作
  • 協会
  • 大学
  • 小谷剛
  • 少年
  • 帝国
  • 文芸
  • 文芸家
  • 日本
  • 東京
  • 白木茂
  • 編纂
  • 著書
  • 著述
  • インド
  • リライト
  • 下訳
  • 世界
  • 他人
  • 会長
  • 作品
  • 写真家
  • 出陣
  • 刊行
  • 卒業
  • 同人
  • 和訳
  • 哲学科
  • 哲郎
  • 学徒
  • 専門
  • 小説
  • 息子
  • 戦後
  • 文学
  • 文学部
  • 最初
  • 理事
  • 竜樹
  • 翻訳家
  • 英文
  • 英語
  • 訳書