誕生日データベース

エルズワース・ケリーEllsworth Kelly

画家[アメリカ]

1923年 5月31日

2015年 12月27日 死去享年93歳
エルズワース・ケリー - ウィキペディアより引用

エルズワース・ケリー(Ellsworth Kelly、1923年5月31日 - 2015年12月27日)は、20世紀〜21世紀のアメリカの画家。
ケリーは1923年ニューヨーク州ニューバーグにて、保険会社の幹部をしていた父と元学校教師の母のもとに三兄弟の次男として生まれた。
彼が生まれてすぐの頃に一家はニュージャージー州に引っ越し、以後も同州内で毎年引っ越しを繰り返した。
彼は10代まで若干吃音気味だったと語っている。
第二次大戦の軍役を経て、戦後はボストン・ミュージアム・スクールに学んだ。
その後、1948年から6年間はフランスに滞在し、ハンス・アルプ、ブランクーシらの影響を受け、コラージュやレリーフの作品を制作していた。
1954年アメリカへ戻り、1956年、ニューヨークのパーソンズ画廊で初の個展を開催した。
1963年のカッセルのドクメンタ、1966年のヴェネツィア・ビエンナーレにも出品している。
第二次大戦後の抽象表現主義の作家のなかで、いわゆる「ハード・エッジ」(色面の輪郭が目立つ作風)の代表的な作家と見なされる。

「エルズワース・ケリー」と関連する人物

連想語句
  • アメリカ
  • アルプ
  • カッセル
  • コラージュ
  • ニュー
  • ニュージャージー州
  • ニューヨーク州
  • ハンス
  • バーグ
  • パーソンズ
  • フランス
  • ブランクーシ
  • ボストン
  • レリーフ
  • 吃音
  • 大戦
  • 画家
  • すぐ
  • もと
  • ケリー
  • コンスタンティン
  • スクール
  • ニューヨーク
  • ベティ
  • ミュージアム
  • 一家
  • 三兄弟
  • 他言語
  • 以後
  • 作品
  • 保険
  • 個展
  • 制作
  • 合衆国
  • 執筆
  • 学校
  • 州内
  • 幹部
  • 引っ越し
  • 影響
  • 戦後
  • 教師
  • 新規
  • 次男
  • 毎年
  • 気味
  • 滞在
  • 画廊
  • 美術館
  • 翻訳
  • 若干
  • 英語
  • 軍役
  • 開催